ラランド・サーヤ、熱愛報道への “回答書”にファン爆笑 「ニシダに飛び火」

ラランド・サーヤ、熱愛報道への “回答書”にファン爆笑 「ニシダに飛び火」

  • fumumu
  • 更新日:2021/11/25
No image

お笑いコンビ・ラランドのサーヤさんが、熱愛報道を受けて“事務所社長”としてコメントを発表。

この文面にファンからは「めちゃ面白い」「新しいパターン」など爆笑が巻き起こっています。

■サーヤ「クソみてぇな記事出る前に」

サーヤさんは、今月5日に放送したラジオ番組『ラランド・サーヤの虎視舌舌』(文化放送)で「先日、人生で初めて。年上の方にですね、初めて告白しちゃったんです」と明かし、交際することになったことも報告。

これまで、番組では“年下の飼われたいペット”を募集していたため、「散々募集しといてアレなんですけど、クソみてぇな記事出る前に絶対自分から言ってやろうと思って」と、告白した理由を伝えていました。

関連記事:ラランド・サーヤ、男子向けにスキンケアグッズを講義 「参考になる!」

■記者との“名刺交換”に反響

そんなサーヤさんは19日、自身のツイッターで「やばい!!!!! 週刊文春さんに突撃された!!!!!笑」との文章とともに写真も公開。

サーヤさんが記者と名刺交換をしている写真には「週刊誌の記者と名刺交換してる画像を 載せる方を見たの サーヤさんが初めてです」「名刺交換強い」と反響が。

また、詳細は書かれていなかったため「内容が気になる」「ヤバい事やっちまったでがんすか!?」などのコメントも見られました。

■恋人は、タトゥーアーティストのTAPPEI氏

そして24日、『週刊文春 電子版』が16時に配信した記事では、タトゥーアーティストのTAPPEI氏であることを報じました。

取材に対して、交際相手についてや交際について言及することはなく、マネージャーの連絡先を渡したというサーヤさんですが、同日には「初めて事務所コメント書いた!(^^)」とツイッターを更新し、記者からの質問状に対して、「弊社所属タレントに関するお問いあわせにつきまして」との回答書を掲載。

今年3月から、個人事務所「レモンジャム」を設立し、社長を務めているサーヤさんは、本名である・門倉早彩の署名入りで発表した書面には、自身について「プライベートの事は本人に任せております」とだけ回答。

■ニシダのプライベートを暴露

しかし、書面にはそれだけでなく「所属タレントのニシダに関しましては」と、記者からは質問されていない、相方・ニシダさんについて明記。

「兵庫県出身の会社員一般女性(30)と同棲しており、10月3日(日)午後8時に『ふたご池袋西口店』で交際1周年記念をお祝いした事実を確認しております」と、暴露しました。

サーヤさんの書面に「めちゃ面白い」「最高すぎます」「まったく聞かれてないことを書くパターン新しいわ」「ニシダに飛び火ww」「名前も出てるしいらん情報盛りだくさんだしこのコメントで3日は笑えます」「ニシダなにしとんねん」など、ファンからは爆笑コメントが相次いでいます。

★サーヤさんが出した回答書はコチラ

・合わせて読みたい→ラランド、性教育動画で生理用品を解説 ニシダが蒸れを擬似体験「不快感ある」

(文/fumumu編集部・冬野 とまと

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加