バイク事故で命拾いした女性 「予知夢を見た祖母がヘルメットを買ってくれた」

バイク事故で命拾いした女性 「予知夢を見た祖母がヘルメットを買ってくれた」

  • Sirabee(オトナ)
  • 更新日:2022/11/25
No image

たびたび話題になることの多いシックスセンス(第六感)。「嫌な予感が当たった」「何かの視線や気配を感じる」といった経験がある人はいるのではないだろうか。

このたびは、祖母によるシックスセンスのおかげで「命拾いをした」という女性のストーリーが話題となっている。イギリスの『Metro』やトルコの『TURKY POSTS』が報じた。

■猛スピードでミニバンに激突

驚きの体験談を明かしたのは、トルコに在住でアナドル大学の経営学部を卒業し、車の販売員として働いているアスリ・エセ・イーソイさん(22)。彼女は10月1日、北西部のエスキシェヒル市内をバイクで走行していた。

だがラウンドアバウト(環状交差点)に差し掛かったところで、スピードを出していたアスリさんはカーブを曲がり切れず、前を走っていたミニバンに激突してしまった。

関連記事:「子供用自転車ヘルメット」 安全性とデザイン性に優れたおすすめを紹介

■集中治療室に20日間

アスリさんはただちに救急車で近くの病院へと搬送されるも、複数の骨折を含む重傷を負い、集中治療室で20日間にわたる治療を受けた。

これまでに4回の手術を受けたが、左手が使えないうえ現在も歩けずにいる。また脊椎を骨折しているため全身に痛みが残っており、今後は理学療法やリハビリを受けていく予定だという。

■祖母の予知夢

そんなアスリさんは、驚くべき体験談をメディアに明かした。じつは事故に遭う数日前、祖母から「アスリが事故に巻き込まれる夢を見た」と連絡があったそうだ。

そして「バイクは危険だから、これでヘルメットを買いに行きなさい」と言いお金を渡され、その足でヘルメットを買いに行ったのだった。

■「助かったのは祖母のおかげ」

「助かったのは間違いなく祖母が買ってくれたヘルメットのおかげ」と話すアスリさん。事故直後の様子について「声をかけられ目を開けると、誰かの顔が見えました」「目を閉じ、次に開けると救急車の中で、その次はもう病院でした」と明かしている。

また「看護師の方が『息をして!』と叫んでいるのが聞こえた」そうで、事故後のヘルメットには深い傷が残り、当時の衝突の大きさが伺えるという。

(文/Sirabee 編集部・桜田 ルイ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加