ナイキが認めたスーパールーキー! 韓国で話題の19歳女子ゴルファー「ソン・イェビン」とは何者か?

ナイキが認めたスーパールーキー! 韓国で話題の19歳女子ゴルファー「ソン・イェビン」とは何者か?

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2021/11/25
No image

新星あらわる

No image

ソン・イェビン/写真KLPGA

日本女子ゴルフツアーは今週開催のJLPGAツアーチャンピオンシップが最終戦だが、お隣の韓国女子ゴルフツアー(KLPGAツアー)はすべての日程を終了した。

そのあとすぐにシードを持たない選手たちは、翌年のツアー出場権をかけた予選会に進んだ。

韓国では同予選会のことを「シード順位戦」と呼ぶのだが、ここで30位以内に入れば、来季のKLPGAツアー(1部)に20試合前後の出場が可能になる。

4日間にかけて行われた同予選会で、通算17アンダーをたたき出して1位になった19歳の選手が韓国女子ゴルフ界で注目を浴びている。その名はソン・イェビン。

No image

ソン・イェビン/写真KLPGA

アマチュア時代に韓国代表として国際大会を経験したエリートで、2020年にプロ転向。その後は3部「ジャンプツアー」でプロ初優勝を遂げ、今年からは2部「ドリームツアー」を主戦場に経験を積んだ。

才能豊かな選手でなければナイキは目をつけない

これまでもプロの世界で活躍できる新人は数多く登場しているのだが、彼女が注目を浴びる理由は、2020年にナイキとスポンサー契約を結んだからだ。

ナイキ契約選手といえば、米男子ツアーのタイガー・ウッズやロリー・マキロイが有名だが、才能豊かな選手でなければナイキが目を付けることはない。

No image

ソン・イェビン/写真KLPGA

韓国紙「毎日経済」は、ナイキでスポーツマーケティングを担当するパク・ホグン部長の話として、同社がソン・イェビンと契約を結んだきっかけについてこう報じている。

「ナイキがジュニア時代からソン・イェビンに注目していて、将来的に成長の可能性を確認したあと、継続的に支援してきたが、今回スポンサー契約を結ぶまでに至った。昨年は足首のケガでそこまでいい成績を残せてはいなかったのだが、シード順位戦で1位となり実力を証明してみせた。来年からルーキー旋風を巻き起こせるように継続的に惜しみない支援をしていきたいと思う」

ナイキの目の付けどころは間違いないようだが、そもそも彼女の魅力はどこにあるのか。

No image

ソン・イェビン/写真KLPGA

身長は169センチと女性ゴルファーの中では比較的高身長で、体格に恵まれたショットは迫力がある。

韓国「ゴルフダイジェスト」誌は「アイアンショットの精度とコースマネジメントのうまさが特徴。また、長時間プレーしなければならないゴルフの特性上、精神的に疲れるものだが、感情の起伏がなく、とても冷静だ」と伝えている。

憧れはミシェル・ウィー

ソン・イェビンは来季に向けて、「今年はドライバーショットがブレてしまって、いい試合を見せられませんでした。来年のシーズン開幕まで、ティーショットの精度を高め、自信を持ってスイングできるようにしたい」と語っている。

自分の持ち味を最大限に発揮できるように、オフは計画的にトレーニングに取り組む予定だ。

No image

ソン・イェビン/写真KLPGA

また、将来的には「実力とスター性を備えた最高の選手になりたい」と語っており、憧れはナイキ契約選手でもあるミシェル・ウィーだという。

もう一人、米ツアーを主戦場にする2019年全米女子オープン覇者のイ・ジョンウンにも憧れを抱いている。その理由は「一度、一緒に練習をしたことがあるのですが、とても忍耐強くて、ものすごく努力するプレーヤーだと感じた」からだという。

2022年がルキーイヤーとなる“ナイキガール”ソン・イェビン。近い将来、海外メジャーにもスポットで参戦する日が来たときは、日本でもその名を聞くことがあるかもしれない。

No image

ソン・イェビン/写真KLPGA

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加