俳優デビューのFukase「気持ち悪かった」評にニンマリ「それは誉め言葉」

俳優デビューのFukase「気持ち悪かった」評にニンマリ「それは誉め言葉」

  • ぴあニュース
  • 更新日:2021/06/12

菅田将暉と本作が俳優デビューとなるFukase(SEKAI NO OWARI)が共演するサスペンス映画『キャラクター』の初日舞台挨拶が6月11日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、菅田とFukaseに加えて、共演する高畑充希、中村獅童、小栗旬、永井聡監督(「帝一の國」)が登壇した。

偶然目撃した殺人事件にインスパイアされた漫画で、たちまち人気作家になった山城圭吾(菅田)。やがて漫画の内容を模した事件が続発し、警察にマークされてしまう山城の前に、両角と名乗る男(Fukase)が現れる。両角こそが山城が事件現場で目撃し“キャラクター”のモデルとなった実際の殺人犯だった。

難役に挑んだ菅田は、Fukaseとの共演について、「高校生の時、初めて買ったCDがSEKAI NO OWARIだった」としみじみ。「僕が演じた山城にとって両角は、無個性な自分とは真逆にいるキャラクターで、なぜか惹かれていく。そんな関係性を憧れるFukaseさんと演じることができてうれしかった」と相互が生み出す化学反応に喜びを示した。

殺人鬼を演じたFukaseは、イベント司会者から「本当に気持ち悪かったです」と絶賛すると、「本当にありがとうございます!」とニンマリ。「現場でも、監督に『気持ち悪くなかったから、もう1回』と何度も言われました。『今のはちょっと感じが良すぎたよ。もう少し気持ち悪くいけるよ』って(笑)、それは褒め言葉だと思って」と撮影を振り返った。

バンドメンバーは公開初日に映画を鑑賞したといい「Saoriからは『これを演じながらラブソングを書いていたのはマジ、サイコパス』と言われました」と苦笑いし、会場を盛り上げていた。

映画のタイトルにちなんで、「実は私、◯◯キャラです」というお題でトークが展開されると、菅田は「実は私、汁キャラです」と回答。「この10年くらい(演技で)すごく汗、鼻水、涙をかいてきたなと思って(笑)。あと超汗っかきなんです」と説明するや、小栗から「汁将暉!」と声があがり、「やめなさいよ!」と笑い飛ばしていた。

取材・文・写真=内田涼

『キャラクター』
全国公開中

ishii

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加