中国、新たなデリバティブ導入へ 小型株投資家にヘッジ提供

中国、新たなデリバティブ導入へ 小型株投資家にヘッジ提供

  • ロイター
  • 更新日:2022/06/23

[上海 23日 ロイター] - 中国は、小型株指数CSI1000に基づくデリバティブ(金融派生商品)の導入を計画している。国内外の株式投資家に追加のヘッジ手段を提供し、新たな投資商品につながる可能性もある。

No image

6月23日、中国は、小型株指数CSI1000に基づくデリバティブ(金融派生商品)の導入を計画している。写真は上海証券取引所のビル。上海で2020年2月撮影(2022年 ロイター/Aly Song)

中国金融先物取引所(CFFEX)が22日公表した規則案は、上海・深セン上場の小型株1000種を対象としたCSI1000に基づく株価指数先物とオプションの導入に道を開く。

CFFEXには現在、大型株のSSE50指数、優良株のCSI300指数、小型株のCSI500指数に連動する3種類の株価指数先物商品しかない。

華泰期貨は新たなデリバティブについて、ポートフォリオの多様化と小型株への投資促進につながると指摘した。

また、中国が投資家にリスク軽減の新たな手段を提供し、資本市場の深化に引き続き取り組んでいることも示している。

規則案は今月28日まで一般の意見を募集している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加