「遺族に申し訳ない」飯塚幸三被告が控訴しない意向

「遺族に申し訳ない」飯塚幸三被告が控訴しない意向

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/09/15
No image

動画を見る(元記事へ)

東京・池袋で乗用車が暴走し、母子2人が死亡した事故で禁錮5年の実刑判決を言い渡された飯塚幸三被告(90)が控訴しない意向を固めたことが分かりました。

飯塚被告は東京・池袋でおととし4月、車を暴走させて母子2人を死なせ、9人に重軽傷を負わせたとして過失運転致死傷の罪に問われ、今月2日、東京地裁で禁錮5年の実刑判決を言い渡されました。

控訴の期限は16日までですが、飯塚被告は控訴しない意向を固めたことが関係者への取材で分かりました。

飯塚被告は15日、犯罪加害者の家族を支援する団体の理事長と面会し、「遺族には本当に申し訳ない気持ちだ」「控訴は見送りたい」「裁判所の決定に従う」などと話したということです。

弁護側と検察側の双方が控訴しなければ禁錮5年の実刑判決が確定することになります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加