テレビの国内出荷台数 2年連続の前年割れ 物価高で“買い控え”影響か

テレビの国内出荷台数 2年連続の前年割れ 物価高で“買い控え”影響か

  • テレ朝news
  • 更新日:2023/01/26
No image

動画を見る(元記事へ)

薄型テレビの去年の国内出荷台数が2年連続で前の年を下回りました。物価高に伴う買い控えが影響したとみられます。

JEITA(電子情報技術産業協会)によりますと、去年1年間の薄型テレビの国内出荷台数は486万6000台でした。

前の年に比べて9.7%減り、2年連続で前年割れとなりました。

特に年末商戦の12月に出荷が大幅に落ち込んでいて、物価高に伴う消費者の買い控えが影響したとみられます。

サイズ別の出荷台数では50型以上が193万2000台で最も多く、次いで40から49型、30から39型、29型以下となっていますが、いずれも前の年の実績を下回りました。

JEITAは今年の見通しについて「家電製品への財布のひもが固くなることが懸念され、当面は厳しい状況が続くと思われる」としています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加