円安と天候不順で拍車...お彼岸で需要急増し『菊』が高騰 安倍元総理の国葬でも約7万本 影響懸念する声も

円安と天候不順で拍車...お彼岸で需要急増し『菊』が高騰 安倍元総理の国葬でも約7万本 影響懸念する声も

  • 東海テレビ
  • 更新日:2022/09/23
No image

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

9月23日は秋分の日、彼岸の中日です。墓参りの花と言えば「菊」ですが、2022年はその値段が高騰しています。

23日、名古屋市千種区の平和公園では、朝から雨の中、墓参りをする人たちの姿が。墓前には菊の花が供えられていますが…。

平和公園案内所の担当者:

「これ(1本200円)の倍はいきました」

実は今、この菊の価格が高騰。この販売所では現在1本200円で売っていますが、この夏ピーク時は400円に。その理由は…。

平和公園案内所の担当者:

「菊自体、出荷があんまり出てこなかったんじゃないかな」

一体、菊に何が起きているのでしょうか。

菊の生産者:

「高くなっとる。65年近くやっとる、過去にないくらいだわ。平均1本50円くらいのやつが100円はいっとる」

名古屋市中区の市場でも、仕入れ値が例年の倍になっていました。

中京花き園芸農協の組合長:

「円安と天候不順」

理由の1つはこの夏の猛暑。出荷が遅れて、まだ流通量が少ないといいます。

また近年は、国内の菊のおよそ2割は海外からの輸入ものですが、これに記録的な円安が直撃。輸入量が減少し、菊の卸価格は全国平均で3割ほども上がりました。

こうした中、お彼岸で需要が急増し、価格が高騰しているといいます。さらに…。

菊の生産者:

「東京で花がとられて、また高くなるかもわからんわね」

市場関係者が口にするのは、27日の安倍元総理の「国葬」への懸念です。式壇の飾りや献花に、合わせて7万本もの菊が用意される計画。

東京の市場がメインですが、東海地方の価格にも影響が出かねないといいます。

中京花き園芸農協の組合長:

「一にも二にも、出荷量と需要、消費のバランスです。このバランスをどう整えていくかというのが業界の問題でもある」

東海テレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加