巨人・赤星 初回いきなり佐野に先制ソロを許して失点 プロ入り後初のDeNA戦登板

巨人・赤星 初回いきなり佐野に先制ソロを許して失点 プロ入り後初のDeNA戦登板

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/06/24

◇セ・リーグ 巨人―DeNA(2022年6月23日 東京D)

No image

巨人・赤星

巨人のドラフト3位右腕・赤星優志投手(22)がDeNA戦(東京D)に先発登板。初回に先制を許した。

初回、先頭の蛯名を三ゴロ、続く桑原を右飛に打ち取り難なく2死としたが、続くリーグ打率トップの佐野に139キロのカットボールをバックスクリーンに運ばれ、いきなり先制点を許した。

赤星はDeNA戦はプロ入り後初登板。前回の登板は9日の西武戦で、菅野の体調不良による先発回避を受けて、特例2022代替選手として登録され急きょ先発。「本当に急に先発することになり、逆に緊張しなかった」と踏ん張り、5回2安打1失点で53日ぶりとなる3勝目を挙げていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加