ミャンマー軍 CNNの取材受けた11人を拘束 8人解放

ミャンマー軍 CNNの取材受けた11人を拘束 8人解放

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/04/06
No image

動画を見る(元記事へ)

ミャンマー情勢が悪化するなか、軍が外国メディアで唯一、CNNの記者団に国内取材を許可しました。ただ、取材を受けた一般市民が次々と拘束され、記者が軍の幹部に市民の解放を求める事態に発展しています。

武力弾圧を続けるミャンマー軍に抗議する人々。クーデター以降、死者は増え続けて570人に…。そして、2700人余りが軍に拘束されているといいます。

抗議デモには幼い子どもや女性たちも参加。犠牲になった子どもは43人に上るという情報も…。

こうしたなか、アメリカのCNNはミャンマー軍の許可を得て現地を独自取材。ただし、厳しい監視が…。

CNN・ワード記者:「かなりまれなことですが、通りを撮影するチャンスに恵まれた時は我々の番人が常に携帯ですべてを撮影し、メモを取り、電話を掛け、我々が話し掛けたすべての人々と我々のすべての動きを記録しています」

軍の立ち会いのもと、指定された市場でカメラの撮影を始めると、市民たちが自ら近付いてきて口々にこう訴えたといいます。

CNN・ワード記者:「彼らは『恐怖を感じている』と話しました。『平和はない』と話しました」

ところが、この後、予期せぬ問題が…。取材に応じた市民11人を軍が次々と連れ去っていったのです。取材中に起きた異常事態。CNNの記者は彼らの釈放を求めて軍の幹部と直接、対峙しました。

果たして、軍の言い分とは…。

CNNの記者:「彼らが、どのような罪を犯した可能性が?」

ミャンマー軍の少将:「彼らは何も罪を犯していません。治安部隊は彼らが他の人を扇動し、市場で抗議活動を始めることを警戒したため、逮捕しました。しかし、政府はできるだけ早く釈放するよう手配しています」

CNNは拘束された11人のうち、8人が解放されたと報じています。

民主化を求め声を上げる人々に平穏な日々はいつ訪れるのでしょうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加