貴景勝が好調玉鷲退け4勝目 照ノ富士は遠藤下す 碧山敗れ、全勝消える 大相撲夏場所7日目

貴景勝が好調玉鷲退け4勝目 照ノ富士は遠藤下す 碧山敗れ、全勝消える 大相撲夏場所7日目

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/16
No image

玉鷲を押し出しで下す貴景勝(撮影・金田祐二)

「大相撲夏場所・7日目」(14日、両国国技館)

大関貴景勝(常盤山)は前日に横綱照ノ富士から金星をあげるなど好調な前頭三枚目の玉鷲(片男波)を押し出しで退け、4勝3敗と白星を先行させた。玉鷲は5勝2敗で後退した。

横綱照ノ富士(伊勢ヶ浜)は遠藤(追手風)を下し、2敗をキープした。

大関御嶽海(出羽海)は、小結大栄翔(追手風)に押し出しで敗れて3勝4敗と黒星先行に。大栄翔は5勝2敗とした。大関正代(時津風)は北勝富士(八角)に押し出しで敗れ、1勝6敗となった。

この日、唯一の全勝だった碧山(春日野)が佐田の海(境川)に敗れ、全勝が消えた。優勝争いは1敗で碧山と佐田の海が並んでいる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加