Twitterハッキング事件の主犯は17歳の少年だった

Twitterハッキング事件の主犯は17歳の少年だった

  • iPhone Mania
  • 更新日:2020/08/01
No image

現地時間7月15日に起きた大規模なTwitterハッキング事件の主犯として、米フロリダ州タンパ在住の17歳の少年が逮捕されました。

主犯は17歳の少年

今回のハッキング事件は「電話を介したスピアフィッシング」によるものであることが、調査から明らかになっています。犯人らはTwitter従業員をターゲットとしたスピアフィッシングを仕掛け、内部システムへのアクセスを得、オバマ前米大統領、バイデン大統領候補、イーロン・マスク氏、ビル・ゲイツ氏、Appleなどの著名人、大企業の130のアカウントへ不正アクセスし、仮想通貨の送金を促す詐欺ツイートを投稿しました。

地元フロリダ州タンパのNBC系ニュース局WFLAによると、容疑者の少年のほかにも犯人と目される人物が2人おり、1人はフロリダ州オーランド在住の22歳、もうひとりはイギリス在住の19歳とのことです。ただし主犯は17歳の少年だとされています。

7月31日朝に逮捕

少年は現地時間7月31日の早朝6時30分頃に地元警察によって逮捕されました。組織化されたハッキングや詐欺行為により、30の重罪容疑がかけられています。

Twitterは犯人逮捕を受けて、警察の捜査に感謝するとともに、今後さらなる透明性を目指し、随時情報更新を行うとツイートしています。

We appreciate the swift actions of law enforcement in this investigation and will continue to cooperate as the case progresses. For our part, we are focused on being transparent and providing updates regularly.

For the latest, see here https://t.co/kHty8TXaly
— Twitter Comms (@TwitterComms)
July 31, 2020
from Twitter

Source:WFLAviaForbes
(lunatic)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加