浦和が京都橘高校のFW木原励の来季加入内定を発表「レッズの伝統と責任を背負う覚悟を持って闘います」

浦和が京都橘高校のFW木原励の来季加入内定を発表「レッズの伝統と責任を背負う覚悟を持って闘います」

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2021/09/15
No image

浦和レッズは15日、京都橘高校のFW木原励(18)の来季加入内定を発表した。

【まとめ】J1、J2、J3リーグ最新移籍情報を網羅!

木原は大阪府出身で、セレッソ大阪U-15から京都橘高校へと進学していた。180cm、68kgで、浦和は「ボールキープ、裏への抜け出し、高い得点感覚が魅力。ゴール前で的確な判断ができ、ポジショニングも良く、ゴールへの意識が高い」と特徴を紹介した。

木原はクラブを通じてコメントしている。

「このたび、2022シーズンから加入することになりました、京都橘高校の木原励です。幼い頃からの夢が叶い、とてもうれしいです。今まで支えてくれた両親、指導者の方々、チームメートには感謝の気持ちでいっぱいです」

「少しでも早く試合に関わり、結果を残せるように、日々の練習を全力で取り組み、先輩から多くのことを学び吸収していきたいです。そして、たくさんの人に愛され応援される選手になり、浦和レッズの伝統と責任を背負う覚悟を持って闘います。よろしくお願いします」

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加