ヒカル、エミリン、みきおだも! 人気YouTuberが続々とアパレルブランドを立ち上げる理由とは?

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2021/05/04

人気イケメンYouTuber・みきおだのおだけいが4月26日、自身のYouTubeチャンネル上で「振り返ったらガチの元カノがいる」というドッキリを相方みっきーに仕掛け、ファンの間で話題となっている。

みっきーはこの日、自身がプロデュースするアパレルブランド『m/o』の撮影をしていたが、元カノであるYouTuber・Rちゃんが新人スタイリストに扮して現れるというもの。

最後まで気づかなかったみっきーは、Rちゃんからハリセンで思い切り叩かれ、ネタバラシとなった。

まさに神回となった動画ではあるが、アパレル経営者は別の視点でこう話す。

「今回の動画でみっきーは、うまい具合に自身のアパレルブランドを宣伝することができたのではないでしょうか。最近、ヒカルやヴァンゆん、エミリンなどの人気YouTuberがアパレルブランドを立ち上げ、成功するケースが多くなっています。ヒカルがディレクターを務めるブランド・ReZARD(リザード)は、高級ブランドにも使われる質の良い素材を使用しているそうで、その着心地の良さに、購入者からは『リザードを買ったらもう他の洋服が着られない』とまで言われ、年商は億を超えています。さらに、エミリンのブランド・EDNA(エドナ)は、彼女自身のぽっちゃりめな身体でもおしゃれに見える服というコンセプトのもと、体型にコンプレックスのあるファンの心をグッと掴んでいます。同じくぽっちゃり体型のタレント・渡辺直美のプロデュースブランド・PUNYUS( プニュズ)は個性的なデザインが多く、着ていく場所を選びますが、エドナはシンプルで普段使いできるものが多いので、その点でも支持を得ているようです。この流れに乗って、今後も人気YouTuberたちによるアパレルブランドが続々と出てくることでしょう」

アパレル産業にまで進出してきた、人気YouTuberたちの快進撃はまだまだ終わらなそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加