大塚海渡騎手がヤングジョッキーズシリーズにエントリー

大塚海渡騎手がヤングジョッキーズシリーズにエントリー

  • 競馬のおはなし
  • 更新日:2022/05/14
No image

13日、落馬事故で長期休養中の大塚海渡騎手(21)が、ヤングジョッキーズシリーズ・トライアルラウンド(7月27日門別・10月19日浦和)に出場を予定していることをJRAが発表した。

落馬による長期休養中

同騎手は2020年1月5日の中山7レースで落馬、脳挫傷の重傷を負って長期休養を余儀なくされていた。また、昨年は元所属厩舎、木村哲也調教師からのパワハラなどを受けたとして民事訴訟を起こしたが、和解が成立している。

●ヤングジョッキーズシリーズとは
中央、地方所属の見習い騎手によるシリーズ競走。全国の地方競馬場で実施する「トライアルラウンド」、年末の「ファイナルラウンド」で実施され、総合優勝を争う。ファイナルラウンドの出場騎手はトライアルラウンドの成績上位騎手から選出される。

競馬のおはなし

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加