LANケーブルで壊れやすい爪部分の代替クリップパーツが3Dプリンターでいつでもプリントアウト可能に

LANケーブルで壊れやすい爪部分の代替クリップパーツが3Dプリンターでいつでもプリントアウト可能に

  • GIGAZINE
  • 更新日:2022/11/25
No image

LANケーブルをカチッと固定するあの「爪」の3Dプリンター用設計図が公開されました。作製することで折れてしまった爪の代用とすることができます。
Ethernet | RJ45 clip to secure/repair/fix broken tab by guss67 - Thingiverse
https://www.thingiverse.com/thing:4687836
デザイナーのguss67氏が設計した爪はこんな感じ。LANケーブルを挟むように取り付けられるようになっています。

No image

取り付け方は以下の図の通り。爪が折れてしまったLANケーブルに横からスライドさせて取り付け、爪の部分を先端に引っかけるようにして固定します。

No image

実際に取り付けてみたところが以下の画像。LANケーブルの構造上、引っかかった爪は前方にも後方にも移動しません。

No image

爪が付いたことで、LANケーブルとしての役割を正しく果たせそう。

No image

引き抜くときは爪を押し込めばOKです。

No image

guss67氏は「この爪は壊れた、または緩いLANケーブルを固定し、かつ肥大化を避けるために設計しました。コネクタの移動、揺れ、落下を防止する設計で、取り付けも簡単です」と述べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加