お台場パレットタウン閉館へ ヴィーナスF メガウェブ Zeppも トヨタと森ビルが再開発

お台場パレットタウン閉館へ ヴィーナスF メガウェブ Zeppも トヨタと森ビルが再開発

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2021/07/21

メガウェブもヴィーナスフォートも閉館

臨海副都心パレットタウン運営協議会は2021年7月21日(水)、お台場の複合型施設「パレットタウン」の営業を、2021年12月より順次終了すると発表しました。

No image

パレットタウンの観覧車(画像:写真AC)。

パレットタウンは1999(平成11)年3月に誕生した複合型エンターテインメント施設です。中世ヨーロッパの雰囲気が特徴的な商業施設「ヴィーナスフォート」や、モビリティの体験型テーマパーク「メガウェブ」「パレットタウン大観覧車」、音楽ホール「Zepp Tokyo」などからなり、これまでに国内外延べ約4億人が来場したといいます。

今後、各施設は次のスケジュールにて営業を終了する予定です。

・2021年12月31日:メガウェブ
・2022年1月1日:Zepp Tokyo
・2022年3月27日:ヴィーナスフォート
・2022年8月31日:パレットタウン大観覧車、MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON

跡地については、トヨタ自動車および森ビルが、新たな賑わい創出に資する施設を企画・検討するということです。

乗りものニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加