嵐・二宮、主演映画の“ファスト映画”を自ら作成 櫻井翔「映画業界から追放されるよ!」

嵐・二宮、主演映画の“ファスト映画”を自ら作成 櫻井翔「映画業界から追放されるよ!」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/11/25
No image

二宮和也

嵐の二宮和也が24日、TBS系「櫻井・有吉THE夜会」にゲストで出演。10分に編集された公開前の主演映画の映像を手土産にし、共演者から総ツッコミを受ける場面があった。

二宮が、お土産と称してバッグからおもむろに取り出したのが一枚のDVD。「今回の映画です」と、自身が主演した映画「ラーゲリより愛を込めて」(12月9日公開)のDVDと説明した。

「丸々見るの?」と尋ねる嵐の櫻井翔に、二宮は「…で、見れないじゃん、2時間14分あるですよ。お忙しいじゃないですか、皆さんね。行くにも結構、時間かかるだろうから。俺これ10分にまとめたんで」と、自ら編集したと胸を張った。

有吉弘行がすかさず「良くないんじゃない?それ、良くないって言ってない、映画関係者は?」とツッコむと、池田美優も「問題になっているやつ!」と同調した。

映画の映像を10分程度にまとめた「ファスト映画」と呼ばれるもので、無断でネットにアップした20代の男女が著作権法違反の罪に問われるなど、問題となっている。

二宮も「映画業界からは怒られる、これは」と弁解した上で、「結末まで入ってる。でも、これ見たら、世の中に『見た』って言っていい」と、映画の内容が全て分かると自ら太鼓判を押した。

有吉が「それがダメなんじゃないの?」と言えば、櫻井も「映画業界から追放されるよ!」とたしなめた。さらに「我々も、ちょっと映画館で改めて見たいと思ってるけど余白はあるの?」と尋ねると、二宮は「結末、言ってるからなあ」と完成形だと明かしていた。

特報のスタッフではなく二宮自らが編集した映像で、この日は放送に乗せることはなく、スタジオだけで視聴。映画の共演者でもある桐谷健太が「っていうか、ホンマに全部。確かにこれオンエアできない」とあきれたように話した。

それでも、見終えると、アンタッチャブルの柴田英嗣は感動で涙し、有吉は「誰かに『めっちゃよかったわ!』って言えるわ」と納得していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加