「2人の関係は10年以上にわたり...」熊田曜子と不貞相手が裁判資料を「黒塗り」にしてまで隠したかったこと《夫が怒りの告発》

「2人の関係は10年以上にわたり...」熊田曜子と不貞相手が裁判資料を「黒塗り」にしてまで隠したかったこと《夫が怒りの告発》

  • 文春オンライン
  • 更新日:2021/11/25

《本件録音で明らかになったのは、被告曜子が、被告Bとの不貞について何ら罪悪感を持たないままに、婚姻当初より10年以上にわたり不貞を継続してきたという事実であった》

【画像】20年前、グラビアアイドルとして一世風靡した当時の熊田曜子

これは、11月22日に東京地裁で第1回口頭弁論が行われた、ある民事裁判の訴状の一節だ。

公開されている裁判資料によると、訴訟が提起されたのは今年10月7日。訴状の中で、被告と名指しされている《曜子》とは、グラビアアイドルやタレントとして活躍する熊田曜子(39)その人である。

No image

熊田曜子

原告は、熊田の夫である実業家A氏=訴状では実名=(38)。A氏は今年5月、自宅で熊田に暴行を加えたとして暴行容疑で警視庁に逮捕され、刑事事件として現在までに3回にわたって公判が行われている。DV暴行疑惑の渦中にあるA氏だが、その裏側で、妻の熊田に損害賠償を求める民事裁判が始まったのだ。

熊田曜子と“不貞相手”に請求された計880万円

そして、この裁判で、熊田と共にもうひとりの《被告》とされ、熊田とともに原告であるA氏への慰謝料の支払いを求められているのが、現役のフジテレビ社員で、複数の番組でチーフプロデューサーを務めるB氏=同=である。

B氏は「週刊女性PRIME」が10月25日に報じているように、元フジテレビの人気アナウンサーで、現在はフリーで活躍する平井理央(39)の夫としても知られる人物なのだが、このB氏に対して、A氏が熊田の「不貞の相手」と疑いの目を向けているのだ。

「A氏が裁判の争点としたのは、主に2点。ひとつは熊田とB氏との『不貞』関係によって受けた精神的被害への賠償として二人に550万円の支払いを求めています。これに加え、熊田に対しては、自身が逮捕されることとなった事件について、熊田が所属事務所を通じて『虚偽の説明をマスコミを使って大々的に公表した』と主張。熊田の行為が、『名誉毀損及びプライバシー侵害』に当たるとして330万円の支払いも求めている。

22日の1回目の口頭弁論では、原告と被告が互いに準備書面を出し合うのみで終わりました。ただ、この口頭弁論に向けて被告側の熊田側とB氏側が出した答弁書には食い違う部分も出てきているんです。被告の二人には早くも足並みの乱れが出てきているようですね」(事情を知る関係者)

15ページにわたる訴状には、熊田とB氏の「不貞」についてA氏が確信を得るに至った経緯が記されている。さらには、二人の関係によって受けたA氏の「精神的な損害」についても言及があり、冒頭の一節はその一部だ。「10年以上にわたり不貞を継続してきた」とする記述は、A氏が熊田とB氏との疑わしい関係が長きにわたって続いてきたことを示唆している。

熊田とA氏が結婚したのは2012年4月。つまり、A氏は熊田とB氏の関係が結婚前から続いていたのではないか、という疑念を持っているようだ。

訴状にほとばしる熊田への「強い不信感」

「訴状で触れている『録音』とは、A氏が熊田の不貞行為を明らかにするために行った、自宅でのスマートフォンによる録音を指しています。A氏は録音を仕掛ける前日に浮気について熊田を問い詰めており、自身が留守中の自宅の様子を密かに録音していた。そこで、熊田が自身の浮気の隠蔽を知人に相談するかのようなやり取りがあったと主張しているのです」(同前)

訴状には、《当然のことながら、原告Aは、被告曜子と被告Bの不貞については一切知らないままに、被告曜子と婚姻し、そして、10年間、被告曜子との婚姻生活を送ってきた》ともある。A氏は結婚生活を《まやかし》と断じた上で、《被告曜子が自らと婚姻したいと言ったこと自体が完全な嘘であったとしか思えない》とさえ述べており、これらの記述からは熊田に抱く不信感の強さがうかがえる。

刑事事件で係争中の熊田への暴行についても、A氏は《被告曜子による虚偽告訴》と否定しており、マスコミに事件被害を訴えた熊田を名誉毀損とプライバシー侵害で訴えた理由についてはこう主張している。

《長期間にわたる不貞行為が発覚し、タレント生命が失われることを恐れて、それを防ぐために、だまし討ち的に、原告の逮捕の事実などをマスコミ各社に流し、原告からDVを受けて恐怖してきたとの虚偽の事実を公表して、原告の名誉を毀損するとともに、原告のプライバシーを侵害した》

刑事と民事、両方の裁判で主張を真っ向から対立させているA氏と熊田。本訴訟の裁判資料の中身は、A氏の熊田への根深い恨みが際立つものとなっている。と同時に、訴えられた側の熊田とB氏が、裁判に発展したことで公になるはずのないプライベートな部分を白日の下にさらされることに対して気をもむ様子も浮かび上がる。

訴状で“黒塗り”にされた「不倫の詳細」

「訴状には、A氏が熊田とB氏の不倫を疑うことになった経緯が子細に書かれていますが、その核心部分については、被告側が『閲覧制限』を申し立て、第三者の目に触れることができないように黒塗りにされています。原告が示した証拠についても裁判当事者にしか確認できないようにしており、裁判の内容が報じられることに対して、かなり警戒している様子がうかがえます」(前出の関係者)

被告側の申し立てによって“黒塗り”とされた部分は、15ページのうち8ページに上っている。裁判記録からは、B氏が《配偶者が人気アナウンサーである》ことや、《私生活についての重大な秘密》が明らかになる、《報道が過熱するおそれがある》などを理由として、裁判所に閲覧制限を申請した形跡がある。

その一方で、非開示とされていない証拠品の中には、興味深いものもあった。

「『ウーマナイザー』と呼ばれるアダルトグッズの通販サイトの商品紹介ページも証拠提出されている。この性玩具は熊田のバッグに入っていたとされ、A氏が熊田の浮気を疑う一因にもなったものです。今後の口頭弁論では、この性玩具に付着した精液のDNA鑑定の結果も証拠として出される可能性があり、今後、A氏側がどのような主張をしてくるのか注目されるポイントにもなりそうだ」(同前)

泥沼の法廷闘争の行方はどこへ向かうのだろうか。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

「文春オンライン」特集班

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加