橋下徹氏、島根知事に「注意する」発言 「お互い独立した政治家、批判注意は当然」

橋下徹氏、島根知事に「注意する」発言 「お互い独立した政治家、批判注意は当然」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/22
No image

橋下徹氏=2015年12月18日撮影

元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が22日、TBS系「グッとラック!」で、自民党の竹下亘議員が、聖火リレー中止検討を表明した島根県知事に「注意する」と発言したことに「政治的闘争」「政治的にはよくあること」とコメントした。

番組では竹下議員が島根県の丸山達也知事が聖火リレー中止を検討するとしたことに「注意する」などと発言したことを取り上げた。この発言には一部で国会議員と知事に上下関係はないのではないか?など疑問の声が上がっている。

これに橋下氏は、丸山知事と自民党が知事選挙で争ったことから「政治的闘争ですよ」と切り出し「丸山さんは自民党と激烈に対決して当選した知事」「自民党として、地元の国会議員としては憎くて仕方がない」と丸山知事と竹下議員の関係性を説明。

竹下議員の「注意する」発言に違和感を覚える人は多いが、橋下氏は「『注意する』じゃなくて、『批判する』という言葉ならいいのかと。お互い独立した政治家だし、政治家に対して激烈に批判したり、注意するっていうのは当然」と語った。

そして「あとは政治的駆け引きで、自分の意見を押し通すか。世間を味方につけた方が強くなるんで、今、竹下さんに国民の批判の目がいくなら、丸山さん有利で主張を押し通せる」と指摘し「これは政治的バトルで解決する問題」との考えを示していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加