西武継投策で逃げ切る 引き分け挟み2連勝 内海は移籍後、本拠地初勝利

西武継投策で逃げ切る 引き分け挟み2連勝 内海は移籍後、本拠地初勝利

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/10
No image

西武対DeNA 5回表DeNA2死二塁、ソトを左飛に仕留めた内海は雄たけびを上げてガッツポーズ(撮影・浅見桂子)

<日本生命セ・パ交流戦:西武5-3DeNA>◇10日◇メットライフドーム

1点を追う西武は1回、先頭の岸が3号同点ソロ。2回、柘植が勝ち越し適時打。なおも1死三塁で再び岸の適時打で突き放した。

3点を追うDeNAは4回、牧が11号2ランを放ち1点差に詰めよった。直後に西武は栗山の右前適時打で、2点差に突き放した。

2点リードを守り、西武が勝利。先発内海は西武移籍後、本拠地初勝利。平良は開幕から31試合連続無失点の日本タイとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加