アイ・オー、144Hz対応の21.5型「GigaCrysta」ゲーミングディスプレイ

アイ・オー、144Hz対応の21.5型「GigaCrysta」ゲーミングディスプレイ

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/09/16
No image

アイ・オー・データ機器は9月16日、ゲーミングディスプレイの「GigaCrysta」シリーズから、144Hzの高速描画に対応する21.5型フルHDディスプレイ「LCD-GC221HXB」を発表した。価格はオープンプライスで、想定売価は20,800円(税別)。

日本エイサー、3,440×1,440ドットの34型ウルトラワイド液晶ディスプレイ

LCD-GC221HXBはフルHD(1,920×1,080ドット)解像度の21.5型ノングレアTNパネルを搭載し、144Hz駆動に対応するゲーミング液晶ディスプレイ。AMD FreeSync Premiumをサポートし、滑らかで美しい画面描画を得られるとする。

独自機能として応答速度を約0.6ms(GTG)に向上させるオーバードライブ機能、ゲームの暗いシーンを鮮明に表示する「Night Clear Vision」、映像にメリハリと鮮やかさを加える「エンハンストカラー」、くっきり映し出す「超解像技術」などを搭載。コンテンツに応じた映像表示を行うモード選択機能も備える。

主な仕様として輝度は250cd/平方メートル、コントラスト比が1,000:1、最大表示色が1,677万色。映像入力端子にHDMI×2とDisplayPort×1を備え、1W+1Wのステレオスピーカーを搭載する。この他75×75mmのVESAマウントに対応。スタンドを含む本体サイズは約W490×D192×H369mmで、重さは約3.2kg。

原修一郎

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加