日本ハム“鬼門”京セラで7連敗も 新庄監督「全然興味ないっす」痛い逆転負け

日本ハム“鬼門”京セラで7連敗も 新庄監督「全然興味ないっす」痛い逆転負け

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/08/06
No image

2回、ピンチを迎え心配そうに見守る新庄ビッグボス(左端)=撮影・和田康志

「オリックス5-2日本ハム」(5日、京セラドーム大阪)

日本ハムが逆転負けで、4試合ぶりの黒星。京セラドームではオリックスに7連敗となった。

四回に今川の犠飛で先制に成功。オリックス・宗の2号ソロですぐに追いつかれるも、五回に谷内が勝ち越し打を放ち、1-2とリードを奪った。

先発・ポンセは粘りの投球を続けていたが、六回につかまった。無死二、三塁から杉本に逆転3ランを献上。6回10安打5失点で3敗目となった。

試合後、新庄剛志監督(ビッグボス)は、ポンセが浴びた決勝弾について「ちょっとバテたのかな?初球のね、杉本君に投げたあの。彼、強いからね。ああいうボール。ちょっとあそこは、ね。もったいなかったね。でもあそこで一発浴びてなかったらポンポンポンと乗っていったかも知れない。これは結果論なのでちょっと分からない」と分析。京セラドームで勝てていないことについては「全然興味にないっす」と気に留めていない様子だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加