阪神浜地4回無失点も課題「空振りを取れなかった」

阪神浜地4回無失点も課題「空振りを取れなかった」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/21
No image

4回1安打と試合を作った阪神浜地

<2軍練習試合:阪神4-0三菱自動車倉敷オーシャンズ>◇21日◇安芸市民球場

阪神浜地真澄投手(22)が三菱自動車倉敷オーシャンズとの練習試合で今季初先発し、4回1安打無失点にまとめた。

球威で詰まらせるなど3回まで無安打。4回1死一塁から安打を許したが、相手を寄せ付けなかった。ほぼ完璧に映る内容にも「空振りを取れなかった。あまり満足できない。ずっとファウルになったり、まだまだと思います」と質の向上を課題とした。13日の四国銀行戦(安芸)でも2番手で2回1安打無失点と安定感を見せており、平田2軍監督は「まずまずかな。もっと良いときの浜地を知ってる。徐々に上がっていくと思う」と期待値の高さをにじませた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加