INUWASI、タイトル未定、パラディーク、Ringwanderung[TIF2022メインステージ争奪LIVE決勝戦レポート]夢の舞台を目指した4組の激闘の結末は?

INUWASI、タイトル未定、パラディーク、Ringwanderung[TIF2022メインステージ争奪LIVE決勝戦レポート]夢の舞台を目指した4組の激闘の結末は?

  • Pop'n'Roll(ポップンロール)
  • 更新日:2022/08/09
No image

8月5日(金)、6日(土)、7日(日)にお台場・青海周辺エリアにて開催されている<TOKYO IDOL FESTIVAL 2022 supported by にしたんクリニック>(以下、TIF2022)。その注目イベントの1つ<メインステージ争奪LIVE決勝戦>が、本日8月5日18:45〜DOLL FACTORYで開催された。今年の決勝戦には、INUWASI、タイトル未定、パラディーク、Ringwanderungが進出。本記事では、8月7日のメインステージ出演権をかけて4組が溢れる想いをこめたパフォーマンスをくり広げた決勝戦のレポートをお届けしよう。

【画像はこちら】

取材:竹内伸一

撮影:河邉有実莉

タイトル未定

No image

タイトル未定<TIF2022メインステージ争奪LIVE決勝戦>DOLL FACTORY(2022年8月5日)

前哨戦の得点によって決まったという出演順により、トップバッターを務めたのはタイトル未定。“北海道からやってきました”と挨拶をすると、スローな「溺れる」でライブをスタート。事前のインタビューで“歌の魅力を伝えたい”という旨を語っていたが、その言葉どおり、優雅な動きとしっとりとした歌声で会場を魅了していく。一転、「夏のオレンジ」では、会場のクラップを促しながら、笑顔で歌い踊る。そして“クラップ、頼みました!”と叫んで始まった「鼓動」では、観客が生み出すビートに乗ってさらに伸びやかに歌い上げた。その姿は凛々しさもまとっており、持ち味を十二分に発揮したステージだった。

パラディーク

No image

パラディーク<TIF2022メインステージ争奪LIVE決勝戦>DOLL FACTORY(2022年8月5日)

2番手はパラディーク。今回は岩澤美潤が急遽欠席となり、4人でのステージとなった。「Overture」に乗ってメンバーが1人ずつ登場。手拍子を促して会場の雰囲気を作り上げると、アップテンポな「GO FORWARD」へ。軽快に踊り、熱い歌声を響かせながらも、曲中も終始手拍子を促し、観客へ声をかけてコミュニケーションを取り続ける姿が印象的だった。ポップ&キャッチーな「ジェジェジェットファイター」では笑顔がはじけ、そのキュートさを存分に発揮。しかし、その動きは終盤に向かって激しさを増していき、会場のテンションを押し上げていく。最後は“応援ありがとうございました! 一緒にメインステージに立ちましょう!”と大絶叫。激しさと可愛らしさが交錯したステージは大団円となった。

INUWASI

No image

INUWASI<TIF2022メインステージ争奪LIVE決勝戦>DOLL FACTORY(2022年8月5日)

インストの「Rapture」が流れ出すと、ステージ袖から叫び声が聴こえ、INUWASIの出番に。カリヲリがお立ち台に上り“1位を掴み取りにきました。絶対勝つぞ!”と大絶叫。それをきっかけに6人が激しく動き出し、ライブの幕を切って落とした。まずは「Planetes」とアッパーなダンスビートが高揚感を煽るアグレッシブなナンバーを披露。6人は止まることなく、ステージに用意した3つのお立ち台をウマく使って会場を煽りながら激しく踊り続け、テンションの高い歌声を響かせる。それは絶唱と言いたくなるほどの迫力で、観るもの圧倒する迫力だった。「ストリングスウォーズ」でパフォーマンスを終えると6人が声を揃え、“ありがとうございました!”と再び大絶叫。徹頭徹尾全力で駆け抜けたライブだった。

Ringwanderung

No image

Ringwanderung<TIF2022メインステージ争奪LIVE決勝戦>DOLL FACTORY(2022年8月5日)

殿を務めたのはRingwanderung。事前インタビューで“いつもとはちょっと違うものを見せたい”と語っていたのだが、冒頭から刺激的なビートを持つダークな雰囲気の「輪廻」を披露。いきなりのこの展開は、意表をついた趣向だったのではないだろうか。クールな表情でメロウに歌い上げていく姿が印象的だった。間髪入れずにシックな雰囲気を称える「fall into sky」へ。さらに切なげな声で5人が歌いつないでいく。しかし、5人の声が重なると雰囲気が一転。開放的かつドラマティックな世界が広がっていった。この曲でもクールな表情を崩さず、この日の世界観をしっかりと表現しながら、最後は振り返ってポーズを決めてエンディングを飾り、ライブを締めくくった。パフォーマンスを終えてようやく5人には笑顔が弾け、達成感にあふれた表情でステージを下りていった姿も印象的だった。

No image

<TIF2022メインステージ争奪LIVE決勝戦>DOLL FACTORY(2022年8月5日)

ライブ後には、会場投票とオンライン視聴投票が実施され、事前に行なわれた楽天チケット先行販売者投票と壁紙ダウンロード投票の得票を合わせて順位が決定。タイトル未定が500ポイント、パラディークが353ポイント、INUWASIが266ポイント、Ringwanderungが228ポイントとなり、タイトル未定が見事優勝となった。

ステージに招かれたタイトル未定の4人は涙ながらに抱き合い、喜びを語った。

タイトル未定が8月7日(日)のメインステージで、どんなパフォーマンスを魅せてくれるのか期待したい。

No image

<TIF2022メインステージ争奪LIVE決勝戦>DOLL FACTORY(2022年8月5日)

No image

<TIF2022メインステージ争奪LIVE決勝戦>DOLL FACTORY(2022年8月5日)

<TOKYO IDOL FESTIVAL 2022 supported by にしたんクリニック>メインステージ争奪LIVE決勝戦

2022年8月5日(金)

DOLL FACTORY

タイトル未定

1.溺れる

2.夏のオレンジ

3.鼓動

パラディーク

1.Overture

2.GO FORWARD

3.ジェジェジェットファイター

INUWASI

1.Rapture

2.Planetes

MC

3.ストリングスウォーズ

Ringwanderung

1.overture

2.輪廻

3.fall into sky

<TOKYO IDOL FESTIVAL 2022 supported by にしたんクリニック>

日程:2022年8月5日(金)、6日(土)、7日(日)

会場:お台場・青海周辺エリア

主催:TOKYO IDOL PROJECT

特別協賛:にしたんクリニック

Pop'n'Roll 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加