第二次世界大戦中、はんだごてが無くてもコードをはんだ付けするために使われた、セルフはんだ付けスリーブ

第二次世界大戦中、はんだごてが無くてもコードをはんだ付けするために使われた、セルフはんだ付けスリーブ

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2020/09/17
No image

第二次世界大戦中、CIAの前身である戦略情報局(OSS)が使用したという、セルフはんだ付けスリーブ。

これは戦後の1964年に製造されたもので、接続したいコードを銅製のパイプの中に入れ、赤い部分をマッチのように箱で擦ると、化合物が発火して銅を溶かし、コードを接続する。

現在でも、外部からライターやヒートガンで熱を加える、熱収縮スリーブというのがあるみたい。

【オススメ記事】ついつい見入ってしまう。古くなった鉛蓄電池を分解、再利用する職人の仕事風景

Ingenious Self Soldering Sleeves! (A Very Old Invention) - ElementalMaker

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

kotaro269

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加