【ライブレポート】BUCK-TICK、メジャーデビュー記念日にして新AL発売日に初の無観客生配信

【ライブレポート】BUCK-TICK、メジャーデビュー記念日にして新AL発売日に初の無観客生配信

  • BARKS
  • 更新日:2020/09/23
No image

BUCK-TICKが、33回目のデビュー記念日である9月21日に22枚目のオリジナルアルバム『ABRACADABRA』をリリースしたのを記念し、無観客による初の生配信ライヴ<ABRACADABRA LIVE ON THE NET>を同日に開催した。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、5月・6月に予定していたファンクラブ会員&モバイルサイト会員限定コンサートツアーの開催を延期したBUCK-TICKが、生演奏する姿を見せるのは今年初だ。20時を少し過ぎた頃、1時間にわたる『ABRACADABRA』のインタビューシーンから、ライヴ会場のステージ袖の映像に切り替わった。SE「PEACE」が流れ始め、スクリーンには“ABRACADABRA”の文字が浮かぶ。ステージ上にはメンバーがスタンバイしており、「ケセラセラ エレジー」のイントロで紗幕が開くと、櫻井敦司(Vo)は軽やかにお辞儀をしてみせた。華やかに広がるエレクトロサウンドの中を縫うように走る樋口豊(Ba)のベースラインが印象的だ。エレガントなハットを被って艶やかな声で歌う櫻井と、中指を立てながらコーラスする今井寿(Gt)との対比や、3度目のAメロでは二人がユニゾンで主メロを歌うなど、この1曲だけですでに見どころ満載だ。また、インダストリアルナンバーの「URAHARA-JUKU」は、ヤガミのずっしりとした4つ打ちリズムに樋口のベース、さらには星野英彦(Gt)のリズムギターも加わり、画面を通しても音の迫力が伝わってくる。

No image
No image

「Hello、みなさん元気? 楽しんでください、アブラカダーブラ」。短い櫻井のMCを挟んで、「SOPHIA DREAM」へ。サイケデリックなメロディと、櫻井と今井のツインボーカルが醸し出す浮遊感があるナンバーだ。また、ヤガミが打ち鳴らすトライバルなリズムと、イントロの星野のコーラスでまるで異国へと誘う「月の沙漠」は、バンドアンサンブルが美しく、黄金のマスクを手にした櫻井が情感豊かなボーカルを聴かせた。「Villain」では、今井が奏でるオリエンタルなメロディと、ヘヴィなデジロックサウンドがゾクゾクさせ、その熱をクールダウンさせたのは「凍える Crystal CUBE ver.」。歌詞をなぞるように表現する櫻井の表情とパフォーマンス、そしてそれに寄り添うバンドサウンドが美しく優しい。その後、照明の落ちたステージで今井のギターソロが空気を転換すると、昭和歌謡調の「舞夢マイム」へと移った。男女の駆け引きを歌う櫻井の唇にひかれた赤いリップの妖艶さがより一層増す。昭和の空気はそのままに「ダンス天国」へ突入。めくるめく倒錯の世界を楽しんだ後は、バンドサウンドにデジタル色が加わりよりダンサブルになったシングル曲「獣たちの夜 YOW-ROW ver.」「堕天使 YOW-ROW ver.」を披露した。

No image
No image
No image

「MOONLIGHT ESCAPE」は、よりシンプルなライヴアレンジで、櫻井の低音を生かした伸びやかなボーカルが映える。優しいメロディだが、その実重いテーマを込めたこの歌を歌う目は鋭く、歌い終わりとともに腰を落として前を見据えるその目に、強い意志を感じさせた。そしてアルバムいちキャッチーでポップな「ユリイカ」へ。弾ける8ビートと共に、画面の向こうへ届けとばかりに“LOVE”と“PEACE”を投げかける。耳の後ろに手をやって、見えないオーディエンスの声を聴こうとする櫻井の仕草も見られた。ラストはスモーク立ち込めるステージで、じっくりと聴かせた「忘却」。溢れ出る思いがオーディエンスの心を満たしていくように、ステージから流れ落ちたスモークがフロアを白く染めた。

アンコールで再びメンバーが登場すると、今井がフロアの撮影を始める。その姿を追って撮影する樋口の様子も、いつものライヴと同じ風景だ。そして、『ABRACADABRA』の世界観で固めた本編に続くアンコールは、「Living on the Net」のアコースティックバージョン。この日のライヴタイトルにも少し掛かっているようで、1996年にリリースしたアルバム『COSMOS』の収録曲だが、当時よりも今の時代にフィットする歌詞かもしれない。 Aメロのザクザクとしたノイジーさはアコギとコーラスで、サビはシンプルにメロディアスさを際立たせていた。続いてスパニッシュな「Cuba Libre」からインダストリアルロックチューン「ICONOCLASM」、そして“人生は愛と死”と歌う「Memento mori」へ。オーディエンスからのレスポンスを求めるかのように、腕振りや大合唱が必須のナンバーを畳み掛ける。

ラストは、アッパーなロックチューンであり、レクイエムでもある「独壇場Beauty –R.I.P.–」で締めくくった。そしてメンバーは、ステージを去る前にフロアに向けてピックを投げた。

なお、BUCK-TICKが無観客ライヴを行なったのは、1991年の衛星放送以来29年ぶりのこと。それを生配信することも、アルバム通りの曲順のみで本編を構成することも初めての試みとなった。また9月26日(土)より全国23会場を巡る<TOUR2020 ABRACADABRA ON SCREEN>がスタートする。今回の無観客生配信ライヴがライヴハウスツアーを踏襲したものだとすれば、こちらは今井がインタビューで語っていたように“作り上げる”形のステージで、『ABRACADABRA』の世界観をホールツアーさながらのスケール感で楽しむことができるようだ。

撮影:田中聖太郎

■<ABRACADABRA LIVE ON THE NET>セットリスト

【日程】2020年9月21日(月・祝)
【時間】START 19:00
【形態】無観客オンライン生配信

<セットリスト>
SE~PEACE
1. ケセラセラ エレジー
2. URAHARA-JUKU
3. SOPHIA DREAM
4. 月の砂漠
5. Villain
6. 凍える Crystal CUBE ver.
7. 舞夢マイム
8. ダンス天国
9. 獣たちの夜 YOW-ROW ver.
10. 堕天使 YOW-ROW ver.
11. MOONLIGHT ESCAPE
12. ユリイカ
13. 忘却

アンコール
1.Living on the Net (アコースティックver.)
2.Cuba Libre
3.ICONOCLASM
4.Memento mori
5.独壇場Beauty-R.I.P.-

■オリジナルフルアルバム『ABRACADABRA』

2020年9月21日(月)リリース

<『ABRACADABRA』スペシャルサイト>
https://www.jvcmusic.co.jp/linguasounda/abracadabra/

○完全生産限定盤A (SHM-CD+Blu-ray) VIZL-1787 / ¥5,500+税
○完全生産限定盤B (SHM-CD+DVD) VIZL-1788 / ¥5,000+税
[完全生産限定盤A/B共通仕様]
・スペシャルパッケージ仕様
・ボーナスディスク付属
<Blu-ray/DVD収録内容>
「獣たちの夜 YOW-ROW ver.」 MUSIC VIDEO
「MOONLIGHT ESCAPE」 MUSIC VIDEO [MULTI-ANGLE] ※マルチアングル仕様
「凍える」 MUSIC VIDEO

○通常盤 (SHM-CD) VICL-70244 / ¥3,000+税
[CD共通仕様]
・すべてのCDプレーヤーで再生できる高品質CD「SHM-CD」を採用

<収録曲>
1. PEACE
2. ケセラセラ エレジー
3. URAHARA-JUKU
4. SOPHIA DREAM
5. 月の砂漠
6. Villain
7. 凍える Crystal CUBE ver.
8. 舞夢マイム
9. ダンス天国
10. 獣たちの夜 YOW-ROW ver.
11. 堕天使 YOW-ROW ver.
12. MOONLIGHT ESCAPE
13. ユリイカ
14. 忘却

○完全生産限定アナログ盤(2LP) VIJL-60228〜60229 / ¥4,500+税
・2枚組180g重量盤
・オリジナルポスター封入

○完全生産限定カセットテープ VITL-70244 / ¥2,800+税

[CD / アナログレコード / カセットテープ共通仕様]
・SHM-CD / Blu-ray(DVD) / アナロクレコード / カセットテープの収録内容をスマホで簡単再生できるプレイパス®︎対応 [有効期限 : 2021年9月30日まで]
※映像ディスクのTr.1, Tr.2につきましてはプレイパス非対応となります。
プレイパス®︎の詳細についてはこちら http://playpass.jp/
・シングル&アルバムW購入者対象応募シリアルナンバー封入 [応募期限 : 2020年10月5日23:59応募分まで有効]

配信
○ハイレゾ配信
※ハイレゾ音源を楽しむには専用プレーヤー、アプリケーションソフトなどが必要です。

○ダウンロード/ストリーミングサービス
iTunes、レコチョクなどの配信ストアおよび、主要定額制音楽ストリーミングサービスにて、9/21より配信開始予定。

<アルバム『ABRACADABRA』CDチェーンオリジナル特典>
■タワーレコード・TOWERmini全店/タワーレコード オンライン限定特典
・BUCK-TICKオリジナルdポイントカード
■HMV全国各店/ HMV & BOOKS online限定特典
・『ABRACADABRA』オリジナルB2サイズポスター
■TSUTAYA RECORDS 全国各店/ TSUTAYA オンラインショッピング限定特典
・『ABRACADABRA』オリジナルマグネット
■楽天ブックス限定特典
・『ABRACADABRA』オリジナルアクリルキーホルダー
■セブンネットショッピング限定特典
・『ABRACADABRA』オリジナルアクリルカラビナ
■その他チェーン(・WonderGOO / 新星堂(一部店舗を除く) / 新星堂WonderGOO楽天市場店 ・文真堂書店 / タイムクリップCD取扱い各店 ・Amazon.co.jp ・ビクターオンラインストア)限定特典
・『ABRACADABRA』オリジナルステッカーシート

関連リンク

◆『ABRACADABRA』スペシャルサイト◆BUCK-TICK オフィシャルサイト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加