「沈黙の艦隊」大沢たかお主演で実写映画化! Prime Video製作、全国東宝系にて9月29日劇場公開

「沈黙の艦隊」大沢たかお主演で実写映画化! Prime Video製作、全国東宝系にて9月29日劇場公開

  • 映画.com
  • 更新日:2023/01/25
No image

監督は「ハケンアニメ!」吉野耕平 (C)かわぐちかいじ/講談社 (C)2023 Amazon Content Services LLC OR ITS

かわぐちかいじ氏の人気漫画「沈黙の艦隊」の実写映画化が1月25日、都内で行われた発表会見で明らかになった。Prime Videoが製作し、9月29日から全国の東宝系にて劇場公開される。Prime Videoが日本の劇場版映画を製作するのは、初めての試み。製作発表会見には、かわぐち氏と主演の大沢たかお、プロデューサーを務める松橋真三(「キングダム」「銀魂」シリーズ)が出席した。

沈黙の艦隊」は、週刊漫画雑誌「モーニング」(講談社)にて、1988年から96年まで連載され、累計発行部数3200万部(紙・電子)を誇る人気作で、96年にアニメ化もされている。

日本の近海で発生した海難事故で海上自衛隊の潜水艦・やまなみが沈没。艦長の海江田四郎二等海佐以下、全乗員76名の生存が絶望的との報道に衝撃が走るが、乗員は無事生存していた。彼らは、日米が極秘に作った原子力潜水艦の乗員に選ばれており、事故は彼らを日本初の原子力潜水艦に乗務させるための偽装工作だった。

No image

大沢が演じるのは、主人公・海江田四郎。同作の大ファンであることから、防衛省・海上自衛隊との協力体制の構築や、原作者のかわぐち氏への企画プレゼンを行い、自らプロデュースも務めている。監督は昨年公開の「ハケンアニメ!」が高く評価された吉野耕平。日本初となる海上自衛隊・潜水艦部隊の映画撮影協力を得て、実際の潜水艦を使用し、リアルな艦体と現代のVFX技術との融合により、迫力の海上エンターテインメントを制作する。

会見に駆けつけたかわぐち氏は、「まるで夢を見ているよう。ワクワクしています。混迷の世界を切り開こうと頑張っている人たちの物語を、世界の人に見てもらい、熱いエネルギーを感じてほしい」と実写化に期待のコメント。同時に「テーマとスケールにおいて、絶対に実写化できないという自信があった」とも明かし、「オファーを聞いて、なんと無謀だと思ったが、ある種チャレンジする爽快感を感じ、今は早く出来上がった作品を見てみたい」とエールを送った。

そんな原作者からの激励に、大沢は「果たして実現できるのか。自分でも疑問から入ったが、皆さんの力が集結するなかで、もしかするとファンタジーではなく、実現するのではないかと思えるようになった」と振り返り、「今やるべき企画だと信じていますし、皆さんが劇場を出るとき、言葉を失うような、力がある新しい日本映画をお見せできれば」と思いの丈を熱弁した。

No image

大沢によると、撮影は2022年夏過ぎから始まり「まだまだ折り返し地点。年末年始もずっと撮影で、3月末まで続く」。かわぐち氏は撮影現場を見学したといい「白い制服を着た大沢さんが、軍帽の縁をふと持ち上げると、そこに光る目が。海江田がここにいると納得した」と太鼓判。「自分では(海江田に)似ていないなと思う」(大沢)、「ぜひ、自信を持ってほしい」(かわぐち氏)と深い信頼を披露した。

今回の発表に合わせて、ティザー映像も解禁され「地球の70%は海だ。これほど広大な海を前にして、どうして人は争うのだろうか」というセリフの後に、艦内の様子を鋭い視線で見つめる主人公・海江田四郎が映し出され、緊張感が伝わると同時に、リアルな世界観と迫力あふれる映像美が、本作のスケールの大きさを期待させる内容になっている。

Amazon Original映画「沈黙の艦隊」は、9月29日から全国東宝系にて公開。以下、コメント全文

No image

大沢たかお(主演・プロデュース)

30年という時空を超えて、実写化不可能と語られ続けた伝説のコミック「沈黙の艦隊」を、今年ついに実写化させていただくことになりました。かわぐちかいじ先生、そして全ての関係者の皆様に心から感謝申し上げます。日本初の原子力潜水艦を奪い逃亡、そして核という脅威を武器に世界と対峙する主人公「海江田四郎」を演じさせていただきます。世界中が大きな変化の波に突入した、この令和という時代。今を生きる全ての人に観ていただきたく、最高のスタッフ、キャストが集結し只今撮影真っ最中です。9月29日の出港まで今しばらくお待ちください!!

かわぐちかいじ氏(原作者)

大沢さんを中心とした俳優陣と撮影スタッフたちが、一丸となってこの作品に挑んでいる姿を現場で拝見しました。30年以上前に生み出したこの艦を、ふたたび世界へと航行させるために、彼らクルーたちを頼りにしています。

吉野耕平(監督)

原作者のかわぐち先生をはじめ、多くの方々が積み重ねてきた想いを少しでもスクリーンへと届けられるようにチーム一丸となって制作を続けています。暗い海の中の熱い物語を、是非劇場の暗がりの中で体感していただければと思います

松橋真三氏(クレデウス 代表取締役/プロデューサー)

連載で原作を読んでいた当初から、常に心に留まり続けてきた物語でしたが、今ほど、実写化せねばならないと思ったことはありません。エンターテインメントを作る者として、日本に、世界に、いま届けたい驚きと感動があります。想いを同じくする仲間、日本の映像技術、エンタメの多様性、自身の経験。運良く、然るべきときに全ての条件が整いました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加