NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
「Razer Barracuda X」実機レビュー = あらゆるゲームプレイを1台で完結できるワイヤレス・ゲーミング・ヘッドセットだ

「Razer Barracuda X」実機レビュー = あらゆるゲームプレイを1台で完結できるワイヤレス・ゲーミング・ヘッドセットだ

  • ASCII.jp
  • 更新日:2021/07/21

ゲーム、特にFPS系にゲーミングヘッドセットはいまや必須装備だ。バーチャルサラウンド機能で敵の位置を把握できるかどうかは勝敗を大きく分けるので、ゲーミングヘッドセットなしで戦場に降り立つなんて無謀というものである。

とはいえPC、ゲーム機、スマホそれぞれにゲーミングヘッドセットを用意すると出費がかさむ。というわけで今回ご紹介したいのが、Razerが発表したワイヤレスゲーミングヘッドセット「Razer Barracuda X」だ。

No image

Razer「Razer Barracuda X」1万2480円

USB-Cドングルで高速ワイヤレス接続 有線接続にも対応

Razer Barracuda Xは2.4GHzのワイヤレスUSB-Cドングルを採用したゲーミングヘッドセット。Windows PC、PlayStation、Nintendo Switch、Androidスマートフォン&タブレットのUSB端子に接続することで、高速なワイヤレス接続によるオーディオ機能を利用可能だ。もちろんバーチャル7.1chサラウンド機能に対応している。

ドングルは端子がType-C形状だが、付属の「USB-A - USB-C延長ケーブル」を利用すれば、Type-A端子にも接続可能。また、こちらも同梱の「3.5mmオーディオコンボケーブル」を使用すれば、3.5mmオーディオ端子のみのデバイスでもRazer Barracuda Xを接続できる。

ただし、USB-A - USB-C充電ケーブルは充電専用で、オーディオの入出力に利用できない点には注意してほしい。

No image

USB Type-C端子を備えるWindows PC、PlayStation、Nintendo Switch、Androidスマートフォン&タブレットであれば、ワイヤレスUSB-Cドングルを直接接続できる

No image

パッケージには、本体、リムーバブルRazer HyperClear Cardoidマイク、ワイヤレスUSB-Cドングル、3.5mmオーディオコンボケーブル、USB-A - USB-C充電ケーブル、USB-A - USB-C延長ケーブルが同梱

No image

3.5mmオーディオコンボケーブルなら40年前に発売された「ウォークマンII」でも利用できるぞ

マイク込みでも実測268.9gの軽量ながら きちんとエルゴノミックデザイン

本製品のサイズは180×190×90mm(幅×高さ×奥行き)、重量は250g(マイクを除く)。バッテリー容量は公表されていないが、バッテリー駆動時間は20時間と謳われている。

操作部、端子は左側に集中しており、手前から充電用USB Type-C端子、3.5mmコンボジャック、ステータスインジケーター、電源ボタン、ボリューム、マイクミュートボタンが並んでいる。電源ボタンはモーメンタリ式(押しているときだけオンになるタイプ)、マイクミュートボタンはオルタネイト式(押すたびにオンとオフが切り替わるタイプ)、ボリュームはホイール式を採用しているので、装着したままでも手探りで操作しやすい。

なお、リムーバブルRazer HyperClear Cardoidマイクを装着した合計重量は268.9g。装着感についてはあとでレビューするが、バッテリー内蔵型ヘッドフォンとしては軽量に仕上げられていると言える。

No image

本体前面。マイクは脱着可能だ

No image

本体背面。写真では縦に変形しているが、どの方向にも力が加わっていない状態の大まかなサイズは180×190×90mm(幅×高さ×奥行き)

No image

本体左側面(左)と本体右側面(右)。左右のRazerロゴは残念ながら本製品では光らない

No image

本体上面に「RAZER」の文字がさりげなく刻印されている

No image

本体底面。操作部、端子は左側に集中している

No image

左から充電用USB Type-C端子、3.5mmコンボジャック、ステータスインジケーター、電源ボタン、ボリューム、マイクミュートボタン

No image

マイクと本体を合わせた重量は実測268.9g

接続するだけで利用可能 PCではソフト追加で臨場感アップ

セットアップは非常にカンタン。単に通常のヘッドセットとして使うだけなら、Windows PC、PlayStation、Nintendo Switch、Androidスマートフォン&タブレットのUSB Type-C端子に接続するだけで利用可能だ。Windows PCでも特にユーザーがデバイスドライバーなどをインストールする必要はない。

ただし、Windows PCでバーチャル7.1chサラウンド機能を利用するためには、「7.1ch Surround Sound」もしくは「THX Spatial Audio」をインストールする必要がある。

「THX Spatial Audio」のほうが臨場感は優れているが2588円の有料プラグインだ。Razer Barracuda Xを購入すればTHX Spatial Audioが半額になるプロモーションコードが提供されるが、まずはトライアル版を試してみるといい。

No image

「7.1ch Surround Sound」は対応ヘッドセットを購入すれば無料で利用できる

No image

「THX Spatial Audio」は2588円の有料プラグイン。ただしより高精度な立体音響が実現される

なお、PlayStation 5に接続した場合には、「Tempest 3Dオーディオ技術」による3Dオーディオを利用できる。念のため、PlayStation 5のマイクと音声出力にRazer Barracuda Xが設定され、「3Dオーディオ」が有効になっているか確認したほうがいいが、基本的にはワイヤレスUSB-Cドングルを接続すれば自動的に設定が完了する。

No image

ワイヤレスUSB-CドングルをPlayStation 5に接続するだけで、入力機器と出力機器にRazer Barracuda Xが設定された

No image

「3Dオーディオを有効にする」も自動的に有効化された

メモリーフォームイヤークッションで 柔らかで気持ちがいい装着感

長時間ゲームをプレイするためには装着性が重要。その点、Razer Barracuda XはFLOWKNIT製メモリーフォームイヤークッションに、ソフトで厚みがあるヘッドバンドクッション、回転式ピボット構造イヤーカップが採用されており、装着感が実にいい。

筆者の頭はかなり大きいのだが、頭頂部、側頭部、耳周囲の当たりはとても柔らかかった。また、通気性を確保しつつ、肌触りが優しいイヤークッションのおかげで、1~2時間付けっぱなしでも蒸れることも、痒くなることもなく、快適さが持続した。

Razerのゲーミングヘッドセットとしては落ち着いたデザインなので、長時間のビデオ会議にも重宝しそうだ。

No image

当たりが柔らかく、優れた通気性を備えたFLOWKNIT製メモリーフォームイヤークッションを採用

No image

ヘッドバンドクッションもソフトで厚みがあり、頭頂部に密着していても圧迫感はほとんど感じない

No image

イヤーカップの付け根には回転式ピボット構造を採用。装着すれば自然な角度で固定されるのでフィット感は良好だ

Razer TriForce 40mmドライバーの高音質を実感 敵の方向も明確にわかる!

さて肝心の音質だが、高音、中音、低音それぞれに最適化された3部構成のRazer TriForce 40mmドライバーが搭載されているだけに、癖のないニュートラルなサウンドだ。特定の音域に偏っていないので、映画やミュージックビデオをジャンル問わず鑑賞できる音質だと思う。素のヘッドフォンとして作りがよいわけだ。

バーチャル7.1chサラウンドの効果については、無料で利用できる「7.1ch Surround Sound」で十分な効果を得られる。たとえば敵がどの方向にいるかなどは「7.1ch Surround Sound」でもハッキリわかる。

では「THX Spatial Audio」のメリットがなにかというと、空気を感じさせる臨場感だ。「THX Spatial Audio」を有効にして目をつぶると、まるでゲーム世界にいるかのような没入感だ。

それに加えて、周囲の音を忠実に再現する「THX環境モード」、爆発などの低音域を下げつつ足音・リロードなどの音を強調する「THX競技モード」が利用可能になるわけだから、2588円の価値は十分にある。

No image

「THX Spatial Audio」は、ゲームの世界に浸りたいときは「THX環境モード」、勝ちにこだわりたいときは「THX競技モード」と使い分けられる

ゲーミングヘッドセットとしてはもちろん モバイルヘッドフォンとしても◎

Razer Barracuda Xは2.4GHzのワイヤレスUSB-Cドングルを組み合わせることで、Bluetoothよりも低遅延なワイヤレス通信を実現しつつ、Windows PC、PlayStation、Nintendo Switch、Androidスマートフォン&タブレットなどに広く対応するゲーミングヘッドセットに仕上げられている。

マイクを取り外せば、モバイルヘッドフォンとしても活用できる汎用性を考えると、1万2480円という価格はお買い得感が高い。4月に発売された有線タイプ「Razer Kraken V3 X」(8980円)を買ったばかりの筆者も、思わず買い増ししてしまいそうだ。ワイヤレスヘッドフォンを探している人は、ぜひ第一候補にしてほしい逸品なのである。

No image

ワイヤレスUSB-Cドングルはケースを装着したままのAndroidスマートフォンに装着可能。飛び出しは実測13mm強なのでほとんど邪魔にならない

■関連サイト

Razer

Razer Barracuda X

ジャイアン鈴木 編集● ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加