ティモシー・シャラメ「恥ずかしかった」 ジョニデ娘とのキス写真に初コメント

  • クランクイン!
  • 更新日:2020/10/16

ティモシー・シャラメ<画像をもっとみる>

映画『君の名前で僕を呼んで』や『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』などに出演するティモシー・シャラメが、元恋人リリー・ローズ・デップのとキスショットをパパラッチされた件について、初めてコメントした。

【写真】ティモシー・シャラメ&リリー・ローズ・デップ、イベントでの2ショット ほかリリーの写真も

ティモシーと、ジョニー・デップの娘としても知られるリリーは、映画『キング』の撮影中だった2018年に交際のウワサがあがった。2人は交際をオープンにしていなかったものの、ヴェネチア国際映画祭で同作のプロモーションを行った翌日に、ヨットでのデートがパパラッチされ、船上でのキスショットが公開された。今回ティモシーは、GQの特集の中で、この時のことについて話しているそうだ。

Peopleによると、ティモシーは「あの夜、僕はこれまでの人生で最高の1日だった、って考えながら寝たんだ」「本当に好きだった人と一日中ボートに乗って過ごし、疑う余地なく“最高の一日だった”と思いながら目を閉じた」と振り返り、ロマンティックなデートは、ティモシーにとってもステキな一日だったようだ。

ところが、この時のデートは、パパラッチによりしっかり撮影されてしまい、翌朝にはゴシップサイトの見出しを飾ることに。さらにインターネットでは、リリーとキスをするティモシーがおかしな体勢だったことがジョークの的にされてしまった。

「そして目を覚ますと、あの写真が出回ってた。恥ずかしく感じた。バカみたいだったし、肌もすごく青白く写ってた。そしたら、人々が“これは宣伝のためだ”と言いだしたんだ。宣伝のため? 僕が本当に皆の前であんな風に見られたいと思う?」と、当時の心境を明らかにした。

二人は残念ながらすでに破局しており、イギリス版Vogueの2020年4月号では、「現在はシングル」だと話していた。今回のGQの記事では、ボートでのキスの相手については名前を明かしておらず、このロマンスを自分だけに留めておきたいと、真剣に考えているようだとつづられている。

ティモシーはこれまで、出身のラガーディア高校で一緒だったマドンナの娘、ローデス・レオンと交際。今年はエイザ・ゴンザレスとのバカンス中に撮影された、ホットなパパラッチショットが話題になっていた。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加