欲しい!でも悲しそう。犬の中でせめぎ合う悪魔と天使の戦いは、天使の勝利に終わる

欲しい!でも悲しそう。犬の中でせめぎ合う悪魔と天使の戦いは、天使の勝利に終わる

  • カラパイア
  • 更新日:2022/01/14
No image

犬の飼い主は今まさに何かを食べようとしていた。すると犬は自分も欲しくてお皿をくわえてると、飼い主の食べ物のお皿の横に置いた。

飼い主は自分の皿から犬の皿へと食べ物を移し替えると、ちょっと悲しそうな顔をした。すると犬はその気配を察したのか、自分の皿から飼い主の皿へと食べ物全て元に戻したのだ。

【他の記事を見る】お腹を空かした動物たちの為、3年間毎日、自分がもらった餌を口にくわえて運び続ける犬(ブラジル)

Pup and Person Share and Share Alike

犬の中の天使と悪魔、天使が勝った

ロシア、ケメロヴォ市での出来事。犬の飼い主である女性は今まさに食事をしようとしていた。更には2つのハンバーグのようなものがあり、フォークを持っている。

それを見ていた犬は、自分も分けてほしいとお皿をくわえてやってきて、皿をテーブルの上に置いてじっと待つ。

No image

飼い主は自分の皿の料理をすべて犬の皿に移すと、がっかりとした表情をする。

No image

すると犬は、自分の皿に移してもらった料理を1個、また1個と、全部飼い主の皿へと戻したのだ。

No image

そして飼い主にやさしく顔を近づけて「食べていいよ」の合図。飼い主は微笑ながら、すぐにその1個を犬の口へといれた。

No image

まああれだ。ちょっと仕込み臭は漂うが、それでも自制心がなければ、自分が手に入れた食べ物を我慢することはできないわけで、そう考えるとこの犬は賢いし、飼い主に忠誠を尽くしていることがわかる。

犬は人間の感情に共感する生き物だ。飼い主が悲しそにしていれば心配し、嬉しそうにしていると一緒になって喜ぶ。

だから人間の方も、犬の気持ちを尊重し、悲しませるようなことはなるべくしないようにしないとね。

・あわせて読みたい→「これおいしいよ!食べてみて!」犬は自分にとってのごちそうを仲間に分け与えることが判明。親しい相手には特に(オーストリア研究)

動画・画像が表示されていないときはこちらから

パルモ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加