日本代表、アメリカ戦で1-0リード! 鎌田大地が先制ゴール、優位な展開のままハーフタイムへ

日本代表、アメリカ戦で1-0リード! 鎌田大地が先制ゴール、優位な展開のままハーフタイムへ

  • FOOTBALL ZONE
  • 更新日:2022/09/23
No image

日本代表が1点リードで後半へ【写真:Getty Images】

カタールW出場国のアメリカとドイツ・デュッセルドルフで強化試合実施

日本代表は現地時間9月23日にドイツ・デュッセルドルフでアメリカ代表と国際親善試合を行い、MF鎌田大地の先制ゴールで1-0のリードを奪ってハーフタイムを迎えた。

初の中東開催で11月開幕となるカタール・ワールドカップ(W杯)に向けて最後の活動期間となる今回はドイツに遠征。日本人コミュニティーもあるデュッセルドルフでの活動となり、アメリカとの対戦になった。森保一監督は4-2-3-1を選択し、昨季フランクフルトのUEFAヨーロッパリーグ(EL)制覇に貢献した鎌田をトップ下起用。最前線にはFW前田大然を起用した。また、DF酒井宏樹は2月1日のW杯アジア最終予選サウジアラビア戦以来の出場になった。

日本は立ち上がりにアメリカの右サイドバックDFセルジーノ・デストに突破されてのクロスでピンチを招いたが、前半13分には前線からのプレスが機能して敵陣でボールを奪うと鎌田がGKと1対1になるビッグチャンス。しかし、これは反応鋭くセーブされてしまった。

さらに前半24分にも日本は敵陣でのボール奪取からショートカウンター。中央からのラストパスをペナルティーエリア内の左サイドで待った鎌田が蹴り込んだが、際どいオフサイドの判定。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)も時間をかけて確認した際どいプレーはオンサイドの判定となりゴールが認められた。日本は前半のうちに1点リードを奪った。

全体的に敵陣からスタートするプレスの機能性が高かった日本は、W杯本大会にも出場するアメリカを相手にペースを握ったまま前半を1-0で終了。後半は選手交代なども含めどのようなテストや選手たちのアピールがあるか注目される。(FOOTBALL ZONE編集部)

FOOTBALL ZONE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加