三池崇史監督「妖怪大戦争 ガーディアンズ」に岡村隆史、遠藤憲一、石橋蓮司、荒俣宏

三池崇史監督「妖怪大戦争 ガーディアンズ」に岡村隆史、遠藤憲一、石橋蓮司、荒俣宏

  • 映画.com
  • 更新日:2021/02/22
No image

夜道怪、小豆洗い、大首、雨降小僧を熱演! (C)2021『妖怪大戦争』ガーディアンズ

三池崇史監督最新作「妖怪大戦争 ガーディアンズ」の新キャストが発表された。前作に続き岡村隆史遠藤憲一石橋蓮司が出演、製作総指揮の荒俣宏も参加する。

妖怪大戦争」は1968年に大映が製作・配給した特撮映画で、2005年には三池監督が神木隆之介主演でリメイクし、興行収入20億円の大ヒットを記録している。今回も三池監督がメガホンをとり、渡辺雄介が脚本を執筆。角川歴彦荒俣宏が製作総指揮に名を連ねる。名子役・寺田心が、主人公で伝説の妖怪ハンターの血を継ぐ所沢市の小学生・渡辺兄(わたなべ・けい)役に挑戦する。そのほか、狐面の女役を杉咲花、狸の総帥・隠神刑部(いぬがみぎょうぶ)役を大沢たかおが演じ、大森南朋安藤サクラ大倉孝二三浦貴大大島優子赤楚衛二SUMIREらの参加が発表されている。

岡村隆史が演じるのは、前作「妖怪大戦争」(05)と同じ役の妖怪・小豆(あずき)洗い。物語の重要な局面に必ず登場するも、特に何の役に立つわけでもなく、ひたすら風呂桶に入った小豆を水洗いしているだけ。穏やかな時はゆっくりと、興奮した時は高速で小豆を洗うのが特徴だ。日本の妖怪と世界中のモンスターが一堂に会した世界妖怪会議“ヤミット”の最中にも、相変わらず小豆を洗っていたため天狗(三浦貴大)から「うるさい!君、帰れ!」と言われてしまい、たちまち悲しい表情に。しかしそんな様子すらコミカルで愛らしく感じさせるのが、小豆洗いの不思議な魅力だ。

前作で大天狗を演じた遠藤憲一が演じるのは、妖怪・夜道怪(やどうかい)。目元だけ真っ黒な白塗りフェイスに大きな笠をかぶり、放浪する僧の姿をした、子供を連れ去ると言われる妖怪。本作ではケイの弟・ダイを風呂敷で包み込み、妖怪の世界へと連れ去ろうとする。強面でぶっきらぼうだが実は優しく、キメゼリフを言おうとすると必ず最後にせき込んでしまい、結局何が言いたかったのかがわからない……というクセの強い妖怪だ。

石橋蓮司は前作でも演じた妖怪・大首(おおくび)に。妖怪の世界に迷い込んだケイの前に現れ、一吹きでケイを吹っ飛ばしてしまう、その名の通り巨大な生首の姿をした妖怪だ。また、今回、角川歴彦と共に製作総指揮を務める荒俣宏は、世界妖怪会議“ヤミット”の議長にして、雨が降った時に現れる「雨降小僧(あめふりこぞう)」を演じている。議長にも関わらず会議中はずっと眠っているという役どころだが、「『日本は妖怪だ』ということを世界に広めたい」と製作総指揮の気合いを語っている。

妖怪大戦争 ガーディアンズ」は、今夏に全国公開。

▼コメントは以下の通り

岡村隆史/小豆(あずき)洗い役
前作と同じ役で出演させていただきましたが、小豆洗いは僕自身だと思っているので、「この役は絶対に渡さへんぞ」という気持ちで挑みました。撮影現場では三池監督の言うことだけを聞き、反時計回りに小豆を洗うということのみ、一生懸命やっています。前作の時は右も左もわからないままでしたが、この約15年の間に日本アカデミー賞で優秀助演男優賞をいただいたこともありましたし、前回よりも自信を持って小豆を洗わせていただいています。とにかく現場に入ったら、小豆と向き合うことを心がけていましたね。小豆洗いのビジュアルも前回よりパワーアップしていて、手の特殊メイクで小豆がさらに洗いやすくなったり、僕が薄毛の治療をしていることを加味していただいているのか、髪もちょっと増えています。
妖怪大戦争』にはずっと続いてもらって、小豆洗いだけは毎回必ず出てきて、「小豆洗いといえば岡村だな」と言ってもらえるように、小豆洗いという妖怪をもっともっと磨き続けていきたいと本気で思っています。

遠藤憲一/夜道怪(やどうかい)役
今回は、顔の中で言うと目しか出ていないので、ほかの誰がやってもいいと思ったのですが、そういうものではないらしいのです。ですので精一杯、妖怪の気持ちになって演じました。
そして風呂敷で何かを背負っています。写真でもうお気づきと思います。よいこの皆さんは真似をしちゃいけませんよ。私は妖怪だからできたのですよ。

荒俣宏/ヤミット議長 雨降小僧(あめふりこぞう)役
役柄はヤミットの議長ですが、妖怪としては江戸時代の「雨降小僧」を演じています。雨が降った時に出てくる、大したことはしない妖怪ですね(笑)。今回は撮影中ずっと寝ている役だったので、どんな現場だったかまったくわかりません(笑)!しかし、ひしひしと感じるものはあって、悪夢を見るぐらい面白そうな印象がありました。僕にとって『妖怪大戦争』とは、自分が行くならこういう世界がいいなというところを実現している作品です。現実よりも遥かに面白く、そして多分安全だと思います。
本作で、「日本は妖怪」だということを世界に広めたいですね。妖怪は、モンスターのように強くもなく、お化けのようにしつこくもなく、いつか消えてしまうようなか弱い存在なんだけど、人間を支援したりいろんなことをしてくれる「友達」なんです。ただし、人間がおもてなしの心を忘れるとしっぺ返しを食らいます。そういう点では自然と同じなんですね。そうした自然や人間が住んでいるこの世界を想定して、映画での妖怪の世界はひとつの理想郷です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加