国内初となるVisaのタッチ決済に対応した鉄道-京都丹後鉄道

国内初となるVisaのタッチ決済に対応した鉄道-京都丹後鉄道

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/11/21
No image

三井住友カードとビザ・ワールドワイド・ジャパン(Visa)は11月20日、次世代決済プラットフォーム「stera」を活用し、均一運賃に加え、乗降情報から運賃計算を行う距離制運賃(距離に基づき変動する運賃)にも対応した決済ソリューションの提供を開始すると発表した。

三井住友カード、GMO-PG、Visaが次世代決済プラットフォーム発表

その第一弾として、2020年11月25日よりWILLERと共に、京都丹後鉄道で均一運賃・距離制運賃に対応したVisaのタッチ決済の取り扱いを開始する。鉄道におけるVisaのタッチ決済の導入は国内初という。

同サービスは、「stera」と QUADRACの公共交通機関向けシステムを連携することにより、運賃計算や、リスク管理、さらには企画券などのさまざまなサービスをクラウド経由で提供することが可能になるほか、乗降時にVisaのタッチ決済に対応したカード(クレジット、デビット、プリペイド)やスマートフォンなどを車内・駅構内に設置された決済端末にかざすだけで乗降が可能となる。

早川竜太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加