【門別・エーデルワイス賞結果】スピーディキックが差し切り接戦を制す!地元勢5年連続のV

【門別・エーデルワイス賞結果】スピーディキックが差し切り接戦を制す!地元勢5年連続のV

  • netkeiba.com
  • 更新日:2021/10/14
No image

接戦を制したのは地元勢のスピーディキック(撮影:田中哲実)

14日、門別競馬場で行われた第24回エーデルワイス賞(2歳・牝・JpnIII・ダ1200m・1着賞金2000万円)は、中団後方でレースを進めた岩橋勇二騎手騎乗の3番人気スピーディキック(牝2、北海道・石本孝博厩舎)が、直線で内を突いて追い込み、抜け出していた1番人気ヒストリックノヴァ(牝2、美浦・加藤士津八厩舎)をゴール寸前で差し切って、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分12秒2(重)。

さらにアタマ差の3着に5番人気エイシンヌプリ(牝2、北海道・田中正二厩舎)が入った。なお、2番人気レディーアーサー(牝2、北海道・田中淳司厩舎)は6着に終わった。

勝ったスピーディキックは、父タイセイレジェンド、母デザートフラワー、その父サイレントディールという血統。リリーCからの連勝でダートグレード競走制覇を果たした。ホッカイドウ競馬所属馬の同レース勝利はこれで5年連続。

鞍上の岩橋勇二騎手、管理する石本孝博調教師はともにダートグレード競走初勝利。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加