海自 もがみ型護衛艦 5番艦「やはぎ」命名・進水式 多機能レーダーに掃海能力も

海自 もがみ型護衛艦 5番艦「やはぎ」命名・進水式 多機能レーダーに掃海能力も

  • NBC長崎放送
  • 更新日:2022/06/23

長崎市の三菱重工長崎造船所で建造されている海上自衛隊の新型護衛艦5番艦の命名・進水式がけさ行われました。

No image

岩本 剛人 防衛大臣政務官「本艦を『やはぎ』と命名する」

No image

全長 133メートル、排水量 3,900トンの「やはぎ」は、22隻の建造が予定されている「もがみ」型護衛艦の5番艦です。

No image

23日の命名・進水式には防衛省や三菱重工の関係者などおよそ100人が出席しました。

No image

(支綱切断)「ドン」

No image

「やはぎ」は対水、対空、射撃管制が1つに集約された多機能レーダーが搭載されたことなどから、従来の護衛艦のおよそ半分、90人の乗組員で運用できます。

No image

また掃海艦が担っていた機雷の除去や、配置の能力が備えられているのも特徴です。

No image

「やはぎ」は内装の工事や海上試験が行われた後、来年12月に海上自衛隊に引き渡される予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加