米政権 ワクチン5億回分を100カ国に提供か

米政権 ワクチン5億回分を100カ国に提供か

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/06/10
No image

動画を見る(元記事へ)

アメリカのバイデン政権が新型コロナウイルスのワクチン5億回分を約100カ国に提供する方針であることが分かりました。

ニューヨーク・タイムズは9日、複数の関係者の話としてバイデン政権とファイザー社との間で5億回分の新型コロナワクチンを約100カ国に提供する方向で合意したと報じました。

2億回分は今年中に、残りの3億回分は来年、他国に提供される見通しだということです。

この5億回分とは別に、バイデン大統領はアジアや中南米などに向けて8000万回分のワクチンを今月末までに提供するとすでに発表しています。

ワクチンを巡り、アメリカに対して「独占だ」と非難の声が上がっていましたが、バイデン大統領は「アメリカは世界のワクチンの倉庫になる」と訴え、海外への供給拡大を進めています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加