秦野市長選、16日告示 現職と新人による一騎打ちか

秦野市長選、16日告示 現職と新人による一騎打ちか

  • カナロコ by 神奈川新聞
  • 更新日:2022/01/15
No image

任期満了に伴う秦野市長選は16日、告示される。これまでに出馬表明したのは、ともに無所属で、再選を目指す現職の高橋昌和氏(65)と、新人で元市職員の佐藤伸一氏(54)の2人。市政の継続か刷新かを問う選挙は一騎打ちとなりそうだ。投開票日は23日。

高橋氏は1期4年の実績として▽全員喫食による中学校完全給食の実現▽秦野赤十字病院など地域医療の支援-などを挙げ、市内4駅が持つ特徴を生かした周辺のにぎわい創出や新東名高速道路・国道246号バイパスの開通で見込まれる交流人口の増加を訴える。

佐藤氏は高橋市政を「後手に回る新型コロナウイルス対応は独自性が発揮されておらず、市民の声に寄り添っていない」と批判。任期中の市長給与の削減や退職金の返上、医療費の18歳までの無料化のほか、産業活性化や地元雇用の促進などを掲げる。

昨年12月1日現在の有権者数は13万5104人(男6万7476人、女6万7628人)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加