〈写真の撮り方〉背景の違いで写真の魅力や完成度が変わる! 4つのキーワードで背景コントロール

〈写真の撮り方〉背景の違いで写真の魅力や完成度が変わる! 4つのキーワードで背景コントロール

  • 特選街web
  • 更新日:2022/09/23
No image

魅力的な被写体なのに、撮影してみたら写真はイマイチ……。その反対に、平凡な被写体なのに、不思議と目を引く写真に仕上がった。そんな経験をした事はありませんか? もしかしたら、その違いの要因は"背景"かもしれません。被写体が同じでも、背景の選択やそこに写り込む要素が変わると、写真の雰囲気や出来映えが変わってくるのです。被写体の魅力や雰囲気が伝わる写真に仕上げるために必要な、背景に求められる要素や注意点。その4つのキーワードを紹介します。

執筆者のプロフィール

No image

吉森信哉(よしもり・しんや)

広島県庄原市生まれ。地元の県立高校卒業後、上京して東京写真専門学校(現・東京ビジュアルアーツ)に入学。卒業後は専門学校時代の仲間と渋谷に自主ギャラリーを開設し、作品の創作と発表活動を行う。カメラメーカー系ギャラリーでも個展を開催。1990年より、カメラ誌などで、撮影・執筆活動を開始。ライフワークは、暮らしの中の花景色、奈良大和路、など。公益社団法人 日本写真家協会会員。カメラグランプリ2022選考委員。

[ 関連記事を読む - 写真の撮り方 ]

"ぼかす"背景

目障りな背景を避けて、開放近くの絞りで背景を大きくぼかす

被写体の存在感や印象を高める背景コントロールで、まず最初に思いつくのが"ぼかす"という方法です。それによって、被写体を浮き立たせることができ、写真の主役を明確にすることができます。ただし、どんなに大きくぼかしても、目障りな絵柄だったり、被写体の存在感を損なうような背景(色や明暗などの要素)だと、あまり意味がありません。その点を留意してください。

ピント位置前後のボケ具合(大きさ)を左右する要素はいくつかあります。カメラのセンサーサイズ、レンズの焦点距離、絞り値、ピント位置までの距離。これらの要素になります。撮影機材面でのアプローチとしては、大型センサー(一般的には4/3型以上)カメラと、開放F値の明るいレンズを用意すること。開放F値が平凡なら、焦点距離の長いレンズを用意することです。

そして、被写体にある程度接近して、絞りを開放側に設定して撮影します。例えば、単焦点の標準や中望遠レンズなら、F2から開放にかけての絞り値がオススメです。なお、大きくボケるということは"ピンボケになりやすい"ということにもなります。ですから、ピント合わせの際には、被写体の"どの部分にピントを合わせるか"という、シビアなピント調整やチェックも必要になってきます。

「F8」~被写体と背景、どちらもハッキリ見える

No image

都内にある交通遊園の遊具を、中望遠レンズで撮影したもの。ピント位置は手前(画面左)にある宇宙船だが、レンズの絞り値をF8まで絞っているので、奥にある赤い自動車も結構ハッキリ描写されている。そのため、どちらの遊具が主役なのか少し分かりづらい。

「F1.8開放」~被写体が背景から浮かび上がる

No image

こちらは、絞り値をF1.8の開放に設定して撮影したもの。写真の印象が劇的に変化する訳ではないが、背後にある赤い自動車や壁が大きくぼかせた。それによって、主役の宇宙船が背景から浮かび上がり、その存在感を高めることができた。 ソニー α7 III トキナー atx-m 85mm F1.8 FE 絞り優先オート F1.8 1/100秒 WB:オート ISO160

No image

交通遊園に静態保存されている都電車両。その前面部を、中望遠の単焦点レンズを使って、斜めの角度から切り取る。絞りを開放に設定することで、背後の風景が大きくぼかすことができる。また、前面の中でもピントを合わせたヘッドライト部分の印象が強まる。 ソニー α7 III トキナー atx-m 85mm F1.8 FE 絞り優先オート F1.8 1/200秒 WB:曇天 ISO100

"追い出す&隠す"背景

目障りなモノを、画面外に排除したり被写体の後ろに隠す

雰囲気は悪くないし、被写体との組み合わせも問題はなさそう。そんな背景を選んで撮影したのに、後からチェックして「あっ、失敗した!」と後悔することがあります。その失敗の要因に挙げられるのが、背景の中に目障りなモノが写り込むことです。

もちろん、一見して目立つようなモノなら、すぐに気づいて排除するでしょう。厄介なのは、小さくて気づきにくいモノです。食品包装や空き缶などのゴミ類。工事現場近くの規制ロープやカラーコーン。周囲の景観に馴染まない看板やポスター。そういった要素は、小さくて目立たなくても(画面の中で)、一度気づいてしまうと、かなり目障りに感じてしまいます。ですから、時間的な余裕がある場合は、シャッターを切る前に背景内に目障りなモノがないか、しっかりチェックしましょう。そして、撮影ポジションの変更や、レンズの画角変化などで、目障りなモノを画面外に追い出します。

ただし、被写体と目障りなモノが近い(距離ではなく位置関係)と、画面外に追い出すのは難しいかもしれません。そういう場合には、逆転の発想で臨みましょう。画面外に追い出すのではなく、被写体の後ろに"隠す"のです。目障りなモノが被写体よりも小さければ、撮影ポジションの左右移動や、カメラ位置の高低変化によって、割と簡単に隠すことができるでしょう。

石灯籠の後ろに重なる看板が見える

No image

緑に囲まれた小さな神社で、石灯籠を見上げるように撮影。周囲(背景)に写り込む神社の施設や飾りも良い雰囲気だが、不用意に撮影したら、石灯籠の後ろに説明文の書かれた看板が重なってしまった。

石灯籠の後ろに重ねて看板を隠す

No image

石灯籠の右側に看板が重なっていたので、それを解消するため撮影ポジションを少し左側に変更。それによって、右側に見えていた看板が石灯籠に重なって見えなくなった。 ソニー α7 III Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS(24mmで撮影) 絞り優先オート F11 1/30秒 -0.7補正 WB:オート ISO400

No image

神社仏閣などでは、説明文や注意書きの看板が多く設置されている。それらをすべて排除するのは難しいかもしれない。だが、撮影ポジションやレンズ焦点距離の変更で、画面外に排除できたり被写体の後ろに隠せるモノもあることを覚えておきたい。

"つぶす&飛ばす"背景

明暗差を利用して被写体を際立たせる

背景の色や明暗の違いによっても、被写体の印象や存在感は変わってきます。色に関しては、被写体と背景が補色(対照色、反対色)関係に近いほど被写体は目立ちます。そして明暗に関しても、両者が対照的であるほど被写体の形状や色彩が目立つのです。

この2つの要素の中で、より注目して欲しいのは"明暗の違い"です。現場の状況にもよりますが、背景の色を一変させるのは容易ではありません。ですが、同じ色でも光線状態や周囲の環境によっては、明るく見えたり暗く見えたりします。その違いを利用すれば、被写体の形や色を際立たせたり、写真の雰囲気を変えることができるのです。

例えば、木立ちを背景にするなら、幹や葉が幾重にも重なった奥まった部分。建物であれば、軒下の日陰になった部分。こういった暗い所を選んで背景をつぶせば、被写体の形や存在感は高まります。その反対に、室内の被写体で窓の外を背景にしたり、逆光で明るい空を背景にすれば、写真の雰囲気も明るく爽やかになります。ただし、白飛びを起こすような極端に明るい背景は、画面内の割合を控えめにしましょう。そうしないと、締まりのない写真になってしまいます。

No image

曇天の公園内で見かけたサルスベリの花。全体的なボリュームはイマイチだったが、花付きの良い枝も見られる。望遠ズームレンズを使用して、その枝の花を大きく狙いたい。

No image

背後でボケる緑色の樹木の葉は、ピンク色の花とは補色関係に近くて、なかなか良い組み合わせである。だが、緑色の部分には濃淡があり、明るい曇り空や木陰なども混在する。その少し乱雑な背景により、肝心の花の存在感も薄れている。

暗い木陰の中に、花の形や色が映える

No image

撮影ポジションを少し左側に移動して、暗い木陰が背景になる状態で撮影。木陰といっても極端に暗い訳ではないが、花と背景との明暗差はかなり大きい。だから、花を基準に露出調節をすると、結果的に木陰部分は暗くつぶれた状態になる。それによって、花の形や色彩が際立つのだ。 ソニー α7 III タムロン 70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD(300mmで撮影) 絞り優先オート F8 1/50秒 -1.0補正 WB:曇天 ISO800

夕方の斜光線が生み出す明暗差を利用

No image

大黒天と恵比寿尊のあるお堂。その建物部分の柱にあった立派な彫物を、望遠ズームレンズで切り取る。夕方の斜光線が彫物を照らし、その光線状態の関係で、奥(彫物の周囲)が日陰になっていた。その暗い日陰を利用して、彫物のインパクトを強めた。 オリンパス OM-D E-M1 Mark III M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R(58mmで撮影) 絞り優先オート F8 1/15秒 -0.3補正 WB:晴天 ISO400

まぶしさを演出する"最低限"の白飛び背景

No image

温室内にあった大きなバナナの木(草木)。その大きな葉が幾重にも重なる様は、まるでパラソルのようだった。重なり合っていない葉の部分は、日差しによって透過光状態になっている。その明るくて爽やかな葉と一緒に、白飛びを起こしている背景を少し写し込んで、まぶしさや爽やかさを演出する。 オリンパス PEN Lite E-PL7 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ(14mmで撮影) 絞り優先オート F8 1/30秒 WB:オート ISO800

"魅せる"背景

雰囲気を高める要素は積極的に写し込む

ここまで紹介した背景の選択や注意点では、被写体の印象や存在感を高めるために、排除すべき条件や要素について述べました。言うなれば"引き算の背景"です。しかし、周囲の状況や雰囲気が伝わって、写真の趣(おもむき)につながるような要素もあります。そういった要素は、積極的に写し込みたいものです。これは"足し算の背景"になりますね。

積極的に写し込みたいものには、風景的な要素と動きモノがあります。風景的な要素では、川や海、山並、木々や草花、などが挙げられます。これらを背景に写し込むことで、地域性や四季の風情が感じられる写真になります。動きモノでは、電車や自動車、通行人(バイクや自転車も含む)、犬猫や鳥、などが挙げられます。これらの要素を、背景内の適切な位置やタイミングで写し込めれば、スナップ的な魅力も加わります。

そう、この"適切な位置やタイミングで"という部分が重要になります。なかでも動きモノは、少しのタイミングのズレで被写体に重なったり画面端で切れたりします。ですから、カメラ設定や構図を終えた後は、シャッターを切るタイミングに意識を集中させましょう。

No image

爽やかな黄色のモッコウバラを、望遠マクロレンズを使って撮影。ポイントとなる枝にピントを合わせ、背景には適度にボケた群生を写し込んでいる。花の写真としては問題のない撮り方だが、何となく植物図鑑のようだ。

こいのぼりと山並で、季節感や地域性を!

No image

撮影ポジションを大きく変更し、モッコウバラの群生具合が増して見える位置から撮影。そして、近くに掲げられていた鯉のぼりと背後の山並を画面左上に写し込む。それによって、春の季節感や地域性が感じられる写真になった。 オリンパス OM-D E-M1 Mark II M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 絞り優先オート F4 1/1250秒 WB:オート ISO200

No image

芝生が広がる公園の光景。斜光線に照らされる木の幹に、夕方特有の温かみが感じられた。そして、背後には犬を散歩させる二人の姿が見える。公園の風情を出すためには、こういった人物を積極に写し込みたい。だが、この人物の動きやポーズは中途半端。そのため、少し存在感や印象が弱い。

背景に写る二人の動作を見定めて撮影

No image

上の写真を撮影した数秒後、二人の距離は縮まった。そして、右の人物が前かがみに。おそらく、犬の世話をする動作だろう。その位置や動作の変化によって、上の写真よりも"犬を散歩させる二人"の雰囲気がより伝わる写真になった ソニー α7 IV FE 24-70mm F2.8 GM(70mmで撮影) 絞り優先オート F4 1/160秒 -0.3補正 WB:オート ISO100

まとめ

主役の被写体が生きる背景コントロールを!

微妙なたとえかもしれませんが、被写体と背景の関係は、舞台やドラマの"主役"と"脇役"に似ている気がします。主役が不在だと物語は成り立ちません。また、被写体が魅力的でも脇役との相性が良くないと、物語としては残念な結果になります。ですから、心惹かれる被写体を見つけた時には、いつも以上に背景に気を配りましょう。

No image

西に傾いた太陽の光が、古刹の本堂に掲げられた大提灯を照らしていた。それを下から見上げる事で、提灯の姿が日陰の軒下の中に浮かび上がる。ただし、日陰といっても完全につぶれた状態ではなく、看板の金色の縁や文字、軒下の梁(はり)などが薄っすらと見える。その背景描写が、現場の雰囲気を伝えてくれる。 オリンパス OM-D E-M1 Mark III LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm / F2.8-4.0 ASPH.(15mmで撮影) 絞り優先オート F8 1/250秒 -0.7補正 WB:オート ISO200

「ぼかす」「追い出す&隠す」「つぶす&飛ばす」「魅せる」

シャッターを切る前に、今回紹介したこの4つのキーワードを思い出してください。そして、被写体を魅力的に演出し、写真の雰囲気を盛り上げるような背景コントロールを心掛けましょう。

撮影・文/吉森信哉

吉森信哉(フォトグラファー)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加