武雄市 ふるさと納税問題で"百条委員会"を設置【佐賀県】

武雄市 ふるさと納税問題で"百条委員会"を設置【佐賀県】

  • SAGATVニュース
  • 更新日:2021/09/15
No image

サガテレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

武雄市のふるさと納税の返礼品、2万件以上の発送が遅れた問題について、市議会は百条委員会を設置して調査することを決めました。

この問題は7月、武雄市が昨年度、寄付を受け付けた分のコメや牛肉などあわせて2万8千件が調達できず、発送が遅れていたものです。武雄市議会では、地方自治法第100条に基づく調査特別委員会いわゆる「百条委員会」の設置を求める決議案が提出され15日、賛成15:反対3で可決、設置されました。

市議会は百条委員会にすることで、市からの説明だけでなく、返礼品を調達できなかった納入業者や市が返礼品の業務を委託していた事業者などから事情を聴くことも検討しています。

市は現在、まだ発送できていない2万6800件余りについて、量を減らしたり、代替品に変えたりした返礼品の発送を望むか、寄付金の返還を望むか寄付した人に意向を聞き取っていて、9月下旬から順次、発送したいとしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加