観光列車「ふたつ星」運行開始 多良駅で住民が出迎え【佐賀県太良町】

  • SAGATVニュース
  • 更新日:2022/09/23

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

西九州新幹線の開業にあわせきょうから運行が始まった観光列車「ふたつ星」。太良町の多良駅のホームでは地元の住民などおよそ300人が出迎えました。

23日から運行が始まった新たな観光列車「ふたつ星(ぼし)4047(よんまるよんなな)」。武雄温泉と長崎間を周遊し、有明海沿いの長崎本線経由では7つの駅に停車します。

このうち、7分間停車する多良駅では地元の住民などおよそ300人が出迎えました。駅のホームには「幸せの鐘」が設置され、乗客が幸せを願って鐘を鳴らしていました。

【乗客2人】「内装もきれいでワクワクする気分になります。楽しいです」「沿線のお出迎えも、停まるところ、停まるところすばらしいです」

ふたつ星は週末や祝日を中心に運行します。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加