東芝、ドアポケットを柔軟にカスタマイズできる3ドア冷蔵庫

東芝、ドアポケットを柔軟にカスタマイズできる3ドア冷蔵庫

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/11/24
No image

東芝ライフスタイルの冷凍冷蔵庫「VEGETA(ベジータ)」に、3ドアの新製品(3モデル)が登場する。発売は2021年2月上旬で、価格はオープン。推定市場価格(税別)は、定格内容積356LのGR-S36SVが180,000円前後、356LのGR-S36SCが160,000円前後、326LのGR-S33SCが150,000円前後。

キッチンが狭い……という人に、三菱から「自炊を楽にする」小型冷蔵庫

300Lクラスの引き出し式扉タイプで「3段冷凍室」を採用した冷凍冷蔵庫。食品の大きさにあわせて収納できるため、埋もれがちな小さな食品も探しやすく、フードロスを減らす効果も見込める。

野菜のみずみずしさを保つ「うるおいラップ野菜室」も搭載。野菜室の密閉度を高めて「うるおい」を閉じ込めるため、まとめ買いした野菜や料理後に残った野菜もおいしく使い切れる。

GR-S36SVの冷蔵室の扉上段には、食品に合わせて片手で簡単に高さを調節(6段階)できる、スライド式「フリードアポケット」を設けた。扉上段2カ所の備え、および2段階に調節可能な中段ドアポケットと組み合わせることで、72通りの可変に対応。よく使う食材や自分の好みに合わせてカスタマイズできる。耐久性のある薄いガラス棚は汚れが拭き取りやすい。また、天井のLED照明が庫内を明るく照らすため、庫内の見通しがよくなっている。

GR-S36SVは強化処理ガラスの扉を採用したほか、鮮度とおいしさを保つ「速鮮チルドモード」、冷凍した肉や魚をチルドルームで急速解凍する「解凍モード」を備えた。

定格内容積は合計356L。冷蔵室は204L、冷蔵庫内のチルドは15L、野菜室は70L、冷凍室は82L。本体サイズは幅600×奥行665×高さ1,757mm。本体カラーはラピスアイボリー、アッシュグレージュの2色。

GR-S36SCとGR-S33SCは鋼板扉。速鮮チルドモード、解凍モードは非搭載。カラーはマットチャコール、グレインホワイトの2色。

GR-S36SCの定格内容積は合計356L。冷蔵室は204L、冷蔵庫内のチルドは15L、野菜室は70L、冷凍室は82L。本体サイズは幅600×奥行665×高さ1,757mm。

GR-S33SCの定格内容積は合計326L。冷蔵室は174L、冷蔵庫内のチルドは15L、野菜室は70L、冷凍室は82L。本体サイズは幅600×奥行665×高さ1,643mm。

伊森ちづる

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加