黒柳徹子さんそっくりのロボット登場 しぐさや声も再現

黒柳徹子さんそっくりのロボット登場 しぐさや声も再現

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2017/09/15
No image

電通、電通テック、テレビ朝日、エーラボは9月14日、タレントの黒柳徹子さんにそっくりなロボット「totto(トット)」を共同開発したと発表した。2017年10月からテレビ朝日で放送開始する、黒柳さんの半生を振り返るドラマ「トットちゃん!」のプロモーションなどで活用していくという。開発金額は非公開。

「totto(トット)」

黒柳さん本人を3Dカメラでスキャンし、見た目を再現。工学技術を活用し、表情やしぐさ、癖なども本人に近づけた。

テレ朝のトーク番組「徹子の部屋」の42年にわたる会話データをもとに、合成音声も作成。本人そっくりの声で「ようこそおいでくださいました」などおなじみのせりふを話すという。

No image

tottoの概要

ただし、現在はあらかじめ記憶させた内容しか発話できず、自律会話には未対応。18年の実装に向けて開発を続けるという。

電通は「自律会話に対応した後の活用法は未定だが、このロボットを人が多く集まるイベントに連れていき、来場者を笑顔にするような活動を行いたい」(広報担当者)と話す。

「幼稚園や老人ホームの訪問など、黒柳さんご本人が注力する社会活動を手伝っていく可能性もある」(同)という。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
フジ加藤綾子を残し「フリーアナ追い出し」へ
日テレ「月曜から夜ふかし」のデマ放送で地獄を見た男性に同情の嵐!
藍沢(山下智久)&白石(新垣結衣)のラストシーンが胸熱<「コード・ブルー」最終話放送>
窪田正孝の演技力とラストの衝撃にSNS騒然「僕たちがやりました」最終回
コード・ブルー最終回の「ご都合主義」に批判
  • このエントリーをはてなブックマークに追加