ハードな42歳・稼頭央、自主トレでコーチの一面も「西武で日本一!」

ハードな42歳・稼頭央、自主トレでコーチの一面も「西武で日本一!」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/12

現役野手最年長の42歳で、楽天から15年ぶりに西武に復帰した松井稼頭央外野手が11日、東京都内のグラウンドで自主トレを公開した。

「日米合わせて25年目の自主トレ。いい形でキャンプに入ることしか考えていない」と約6時間、精力的に動き、プロ25年目のシーズンに向けて順調な調整をうかがわせた。若手選手に打撃指導を行い、ノックも打つなど、兼任するテクニカルコーチとしての一面もうかがわせた。

「まずはアピールしないといけない立場。スピードを維持できるように」と例年より多めに瞬発系のメニューを取り入れ、キャンプイン直前まで“6勤1休”のペースで戦う体を作り上げる。

「ライオンズでは日本一になったことがない。残り少ない野球人生で最後、日本一にもなりたいし、その中にいられるようにやっていきたい」とレジェンドが、古巣での新たな戦いに燃えている。 (花里雄太)

No image

松井はサッカーにも取り組み、体をいじめた。右後方はなでしこリーグ、ちふれAS埼玉の薊(あざみ)理絵 (撮影・長尾みなみ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人 投手陣に目標値設定 「規定投球回数到達者5人」など4項目
瀬古氏がDeNA新人に「女子アナは野球選手好き」
【DeNA】ベイスターズ新スローガンは「勝利は我らの中にある」
中日ドラ1鈴木博志が2度目のブルペンも不満顔
万年最下位から空前のDeNAベイスターズブームへ...ハマスタ大改修、誰でも感動体験
  • このエントリーをはてなブックマークに追加