Googleの「G Suite」(旧Google Apps)にアプリ開発ツール「App Maker」

Googleの「G Suite」(旧Google Apps)にアプリ開発ツール「App Maker」

  • ITmedia
  • 更新日:2016/12/01

米Googleは11月30日(現地時間)、企業向けプロダクティビティスイート「G Suite」に、簡単なユーザーインタフェースでWebアプリを開発できるツール「App Maker」を追加すると発表した。

G Suiteは、Gmail、Googleドキュメント、Googleドライブ、Googleカレンダー、ハングアウトなどで構成される、9月まで「Google Apps for Work」と呼ばれていたサービスだ。

No image

App Makerでは、機能のモジュールをドラッグ&ドロップするといった簡単な操作で、「Google Cloud」の「Google Cloud Platform」上で稼働するアプリを開発できる。

No image

アプリ開発画面

G Suite上のGmailやカレンダーなどの他のアプリだけでなく、Google Cloudの一連のサービスともAPIで簡単に連係させられるという。

G Suite内に構築するので、ユーザーが開発したアプリも自動的にG Suiteレベルのセキュリティで保護されることになる。

同サービスは現在、一部の企業でβテスト中だ。プレビュープログラムに参加したい場合は専用ページから申し込める。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
電力いらず。身近な液体を使った新たなコミュニケーション機器とは?
スマホと連動、目立たずオシャレな補聴器ツール!しかもお値段もリーズナブル
家にあるリモコンをすべて投げ捨てて「eRemote mini」にしたい
中国、空の安全対策強化=旅客機は15分間隔で位置情報を報告―中国メディア
カセットテープからSDカード&USBメモリに録音OK!東芝、CDラジオカセットレコーダー発売へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加