大量リードは最大の罠か 川崎のACL大逆転負けに見る「意識しない」に潜むリスク

大量リードは最大の罠か 川崎のACL大逆転負けに見る「意識しない」に潜むリスク

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/09/15
No image

川崎が第1戦の2点リードを守れず浦和に逆転負け 頻発する“敵地第2戦”で崩れる姿

川崎フロンターレは13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2戦で浦和レッズと敵地で対戦し、1-4と敗戦。2戦合計スコア4-5とよもやの大逆転負けを喫し、クラブ史上初となるACL準決勝進出を逃すことになった。

川崎はホームで行われた第1戦に3-1で勝利し、2点のリードを持って第2戦を迎えていた。この試合でも前半19分にDFエウシーニョが先制点を決め、合計スコア4-1と3点差に広げ、準決勝進出をほぼ手中に収めた、はずだった。

しかし、そこからまさかの4失点を喫し、予想だにしない大逆転負け。埼玉スタジアムに試合終了を告げるホイッスルが鳴り響いた瞬間、川崎の選手たちはピッチに座り込み、歓喜に沸く浦和の選手たちを呆然と眺めていた。誰もが目の前で起きた出来事を受け入れられないような、虚ろな表情だった。

もっとも、ホーム&アウェー方式のトーナメントで、大量リードを奪ったチームがスコアをひっくり返され、逆転負けを喫するケースは少なくない。

浦和のラウンド16の戦いも、似たような展開だった。済州ユナイテッド(韓国)は本拠地での第1戦を2-0で勝利しながら、第2戦で浦和に0-3と完敗。合計スコア2-3で敗退を余儀なくされた。

また、12日に行われた“中国勢対決”のACL準々決勝も、最終的に敵地第2戦で惨敗した上海上港がPK戦を制してベスト4進出を決めたが、2試合の流れはほぼ同じ。第1戦は上海上港がホームで広州恒大に4-0と圧勝しながら、敵地での第2戦は90分間で0-4と大敗し、延長戦、PK戦へともつれ込んだ。

欧州に目を向けても、昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト16のバルセロナ対パリ・サンジェルマン(PSG)は記憶に新しい。PSGがホームでの第1戦で4-0と圧倒的なリードを奪って敵地へ乗り込んだものの、第2戦では1-6と歴史的惨敗を喫して、手中に収めていたはずの準々決勝進出を逃した。

「あの失点が一つのポイントとなった」

ホームでの第1戦で大量リードを奪ったチームが、アウェーでの第2戦で惨敗する――。なぜ、このようなどんでん返しが、アジアや世界のトーナメントで頻発しているのか。

もちろん、その時のチーム状況は異なるため、それぞれが抱える問題や大逆転劇を生んだ要因は異なる。今回の川崎にとっては、前半の段階でDF車屋紳太郎が退場してしまったことが、歯車を狂わせる大きな要因となった。

一方で、やはり精神的な部分においても、抱える問題は小さくなかったようだ。ディフェンスリーダーを務めるDF谷口彰悟は、試合途中からのプラン変更に対応し切れなかったことを悔いた。

「途中からは(リードを考えると)最悪一つ、二つの失点はやむなしという考えもなくはなかったし、後半からエドゥアルドが投入された時点で、これはリードを守り切るというメッセージだと受け取った。ただ、それでも勢いに乗る相手の圧力に耐えきれなかった」

合計スコアで同点とされた後半39分の3失点目の場面、ゴールを許した瞬間に膝から崩れ落ちる川崎の選手が多くいたのが印象的だった。それについては「間違いなく、あの失点が一つのポイントとなった。数的不利な立場で延長戦に持ち込むわけにはいかなかったので、もう攻めるしかない。だから、4失点目は仕方のない部分があった」と振り返った。

谷口とコンビを組んでいたDF奈良竜樹も、「受けに回っていたつもりはないが、いろんな条件がありましたからね。点差もそうだし、状況もそうだし。最悪、ああなってしまった残り45分は全部跳ね返してやろうと思っていたが、そう甘いものでもなかった」と、川崎が置かれていた状況の難しさを語った。

川崎の選手が揃って口にしていたテーマ

GKチョン・ソンリョンが「試合前はもちろん、リードを得た初戦のことは忘れ、0-0からのスタートのつもりで入った」と言及したように、谷口と奈良も含めて川崎の選手の大半が口を揃えたのは、「リードを考えずに試合に臨んだ」ということだった。

しかし、いざ点差を縮められる事態を迎えれば、そのリードを考慮せずにはいられなくなるのもまた事実。「初戦のつもりで勝ちにいく」から、「初戦のリードを守りきる」という方向へ舵を切らなければいけない瞬間がやってくる。その際にチーム内に生じる一瞬の迷いや綻びを、追いかけることのみに集中している相手チームが決して逃さないということなのかもしれない。鬼木達監督も試合後の記者会見で、「アウェーゴールを取りに行くぞと送り込んだが、最終的にゲームをコントロールできなかった私の責任」と、率直に反省の弁を口にした。

第1戦のリードを意識せず、アウェーでの第2戦もきっちりと勝ち切って次のステージへ進むというのが、“王手”をかけて勝負の一戦に臨むどのチームにとっても、理想的な展開だろう。しかし、いざ試合が始まり、何かしらの理由によって、第1戦のリードを“意識しない”ことから“意識する”ように変わった時、追いかけられる側が当初抱いていた精神面での優位性はリスクになり得ると、今回の大逆転劇で改めて思い知らされることになった。

【了】

城福達也●文 text by Tatsuya Jofuku

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
英リーグ杯で“珍現象” エバートン先発11人の現チーム出場数を対戦相手のOB3選手が凌駕
「信じられないが事実だ」。本田を観戦に訪れた日本人ファンの行動にメキシコが驚嘆
武藤嘉紀、ブンデス公式サイトでベスト11に。3人抜きのスーパーゴール記録
「お前は黙ってろ!」ダニ・アウベスが苦言を呈したフォルランに怒りの反論ツイート
アトレティコ、D・コスタの再獲得合意を発表。試合に出場できるのは1月以降
  • このエントリーをはてなブックマークに追加