米大学襲撃犯、「テロ組織と直接関係なし」 過激思想に賛同か

米大学襲撃犯、「テロ組織と直接関係なし」 過激思想に賛同か

  • AFPBB News
  • 更新日:2016/12/01
No image

米中西部オハイオ州コロンバスで、襲撃事件が起きたオハイオ州立大学の構内に急行した警察官ら(2016年11月28日撮影)

【AFP】米中西部オハイオ州コロンバスのオハイオ州立大学で、男が車と刃物で歩行者らを襲い11人が負傷した事件で、ジェイ・ジョンソン国土安全保障長官は30日、射殺された容疑者のソマリア人学生にはテロ組織との直接のつながりはなかったと発表した。

だが事件を捜査している連邦捜査局は同日の記者会見で、容疑者はイスラム過激派組織「イスラム国」や、国際テロ組織アルカイダの幹部アンワル・アウラキ師に触発されていた可能性があるとの見解を明らかにしている。

28日に起きた同事件では、ソマリア移民でオハイオ州立大学に転入したばかりだったアブドル・ラザク・アリ・アータン容疑者が歩行者らに車で突っ込んだ上、刃物で襲い掛かり、現場に急行した同大学駐在の警察官により射殺された。

当局は今のところ事件をテロと断定はしていないが、アータン容疑者が事件前に自身のフェイスブックページでイスラム過激派への支持を表明していたことが分かっている他、IS系通信社が29日、同容疑者をISの「兵士」だとする犯行声明を出していた。

だがジョンソン長官は、同容疑者がこうした組織と直接連絡を取り合っていた証拠は見つかっていないと説明。「自ら過激思想に染まった人物による犯行であったことが示唆されている」と述べている。

アータン容疑者のものと思われるフェイスブックのページは現在閲覧不能になっているが、米メディアが保存していたコピーによると、米国への怒りを示す次のような文章が投稿されていた。

「もう我慢できない。アメリカよ! 他の国々、特にイスラム国家への介入をやめろ(…)私たちイスラム教徒に一匹狼型の攻撃をやめさせたいなら、和解しろ(…)イスラム教徒に平和を与えない限り、私たちはお前たちを安眠させない」

アータン容疑者は投稿の中でさらに、アウラキ容疑者を「英雄」と呼んでいた。米国生まれのアラウキ容疑者はアルカイダのメンバー勧誘を担当していたが、イエメンで米軍が実施した無人機攻撃によって死亡している。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
妊娠したらどうするの!?生挿入をしたがる男性の本音5つ
「女性経験がありません」逃げ恥・平匡の告白に、女性ファン悶絶!
「ダサい女性」の特徴5つ
マイナビウーマン
【未知の世界!】パパの足が臭すぎて、衝撃を受けたニャンコ。反応が荒ぶりすぎて、ヤバい(笑)
成宮寛貴コカイン吸引報道の裏に業界のねたみ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加