【2018年名場面集】燕・青木が史上9人目の快挙達成 打球は西武の名手に飛ぶも...

【2018年名場面集】燕・青木が史上9人目の快挙達成 打球は西武の名手に飛ぶも...

  • フルカウント
  • 更新日:2019/01/13
No image

ヤクルト・青木宣親【写真:荒川祐史】

史上9人目の初回先頭打者ランニングホームランを記録した青木

2月のキャンプインに向けて、12球団の選手たちは各地で自主トレを行っている。ただ、2018年シーズンの興奮もまだまだ忘れられない。Full-Count編集部では、昨季生まれた名場面を独自にピックアップして紹介する。

昨季、7年ぶりに日本球界復帰を果たした青木。127試合に出場し打率.327、10本塁打、67打点と圧巻の成績を見せチームを2位へ導いた。

6月14日の西武戦では史上9人目の快挙を達成した。「1番・中堅」でスタメン出場すると初回、1ボール2ストライクからの4球目を打ち上げた打球は中堅へ。西武・秋山が打球を見失うとボールはフェンスまで到達。快足を飛ばし青木は一気に生還し初回先頭打者ランニングホームランを記録した。

ランニングホームランの先頭打者弾は2014年5月6日、ロッテの荻野貴司外野手以来4年ぶり。そして史上9人目の快挙だった。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
広島・長野入団会見全文「とにかく石原さんが酒が強いのでビビっています」
オリ・宗、「お立ち台10回」で海外旅行!『CRTM』と個人契約
ソフトBドラ1甲斐野ら球団の営業活動体験 1、2年目選手研修
ロッテ福浦今季限りで現役引退決意 若手育成に意欲
阪神新外国人のマルテ 遊撃もいける!球団幹部「肩はものすごく強い 身体能力が抜群に高い選手」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加