GMの中国販売、1%増の274万台 2017年1-9月

GMの中国販売、1%増の274万台 2017年1-9月

  • レスポンス
  • 更新日:2017/10/12
No image

キャデラックXT5

もっと画像を見る
GMは10月11日、2017年1~9月の中国における新車販売の結果を公表した。総販売台数は274万8139台。前年同期比は1%増だった。

GMの中国合弁(乗用車)には、上海GMとSAIC‐GMウーリン(上海通用五菱汽車)の2社がある。

ブランド別実績では、ビュイックブランドが前年同月比5.7%増の11万4500台を販売。新型ミニバンの『GL8』をはじめ、SUVの新型『エンビジョン』が販売の中心。

キャデラックブランドは、1万7248台を販売。前年同月比は38%増と、大きく伸びた。2016年4月に発売した『SRX』後継車の『XT5』が、49%増の6300台と販売を牽引。セダン系では、『ATS-L』の販売が40%増の5300台と好調。最上級サルーンの『CT6』は、65%増の1200台と大きく増えた。

シボレーブランドは、5万7757台。この他、ウーリン(Wuling)ブランドは8万2082台。低価格ブランドの宝駿(Baojun)は、前年同月比51%増の9万4718台と伸びた。

2016年のGMの中国新車販売は、過去最高の387万0587台。前年比は7.1%増だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“倒れないバイク”再び ホンダが改良版、東京モーターショーに出展
データ不正で「火に油」 神戸製鋼所トップの不用意発言
シチズン「Eco-Drive One」から世界最薄12.98mmの光発電時計が登場
東北新幹線「はやぶさ」が半額に 八戸開業15周年でネット限定商品発売 JR東日本
ツムラの「黒歴史」...くすぶる中国企業傘下入り説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加