ソフトバンク ウーバー出資は「条件次第」

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/11/14

配車サービス「ウーバー社」への出資について「積極的に検討する」としてきたソフトバンクグループは、条件次第では出資しない可能性があるというリリースを出しました。

ソフトバンクグループはウーバー社との間で、出資に関するプロセスで基本合意しているものの、条件次第では出資しない可能性があるということです。ウーバー社はスマホで一般のドライバーを呼び、タクシーのように利用する配車サービスを全世界で展開しています。ソフトバンクの孫社長は6日の決算発表会で、ウーバー社への出資について聞かれた際、価格が折り合わなければ「無理はしない」としたうえで、「ウーバーが条件に合う形で手に入るのであれば投資も積極的に検討したい」とコメントしていました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中国ではあり得ない、リコール神対応「ダイキン空気清浄機」日本の常識は、世界の非常識
なぜ西日本で「おでん」のないセブン-イレブンが増えているのか?
〝国産〟オートバイ/スクーターは本当はどこの国で作られている?
鳥貴族の客数が7%減。28年ぶりの「値上げ」は失敗だったのか?
悪質な神戸製鋼に対して、被害者のJR東海が発した深いメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加